信用取引しーれぽ > 「しーれぽ」とは? > おわりに

★おわりに★

1.短期投資・中期投資というトレードのスタイルに関わらず、利益を取る!
あなたの投資スタイルが、比較的短期の「数日単位・週単位」でも、
もっとのんびりの「月単位」の投資期間でも、
またはそれらを使い分けるにしても・・・
「しーくれっとれぽーと」の売買シグナルの変化を捉えれば、利益は継続して入ります。
2.株の初心者・ベテラン・性別・年齢・・・なにも関係ありません!
「しーくれっとれぽーと」は、株式投資の世界で「私」という個人投資家が、
たった5%と言われる投資の勝ち組に君臨すべく、
私自身のために作り上げた、超自信作です。
 
ですから、投資のプロ・相場のプロ・テクニカルのプロ・・・といった
「プロ」と呼ばれる方々の目線では作っておりません。
 
これから証券会社に口座を開く方でも、
投資歴10年以上のベテランの方でも、見るもの・やることは、同じです。
 
自分で勉強して株をやるのであれば、キャリアがモノを言うでしょう・・・
 
デイトレードのように、素早い判断力が問われる手法を用いる場合は、
パソコンのキーを打つ速さ・判断スピードも影響しますから、
年齢でも差が出るかもしれません・・・
(デイトレーダーは若い人ばかりです)
 
女性だから・・・主婦で経済情報に疎いから・・・などは、
実社会でハンディを感じることかもしれませんが、
ネットトレードという「見えない相手と資産を奪い合う場」では、
性別・職業はまったく関係ありません・・・
 
逆に言えば、家にいられる主婦のほうが、有利かもしれません。
 
ここで言いたいのは・・・今あなたがどのような立場の方でも、
「しーくれっとれぽーと」の売買シグナルを
専用画面にログインして見るだけですから、
経験や環境の違いで利益に差が出ることは無いということです。
3.信用取引を活用していなくても、あなたは負けない!

「しーくれっとれぽーと」を使うにあたって、
どうしても信用取引を始めなければならないのか・・・?
 
答えは、NOです。
 
打診売り信号〜無敵の売り信号は、
空売りが出来る信用取引トレーダーにとっては、
「売り」を楽しめる最高のシグナル
です。
 
しかし、現物株の売買しか出来ない投資家でも、
打診売り信号〜無敵の売り信号が発生している銘柄を「買わない」ことで、
塩漬け株の保有危険度が無くなるのですから、
損失を最小限にコントロール出来ます。
 
「しーくれっとれぽーと」は、現物株投資家にも、心強いツールなのです。

ただ、
・空売りも出来る信用トレーダーの方が、利益を得るチャンスが広がる
・売りが優勢なシグナルの方が、経験的にダマシが少ない
ということだけ、補足しておきます。

4.お金がだんだん増えていく・・・ということを、あなたに経験して欲しい!
今まで「小さく勝って、大きく負けていた」投資家は、
逆に「小さく負けて、大きく勝つ」ようになります。
 
これまでの損失額が大きかったとしても、
今後は負けにくくなることで利益の方が上回るようになり、
あなたの資産が「増える方向に変化」します。
 
これからは「資産が増えるという感覚」を経験して、
日々幸せな気分になって下さい。

 

お願い 自力で勝ち組になれる方は、買わないで下さい!

ご自分の投資スタンスが確立されている方なら、
「しーくれっとれぽーと」は無用の長物でしょう。

先ほどもお話したように、
何時間かかろうとも、ご自分で分析や情報収集をするのが大好きで、
「こうすれば儲かる」ということがすでに理解されている方が、
「しーくれっとれぽーと」の会員画面からログインして、
数十銘柄中から儲かる銘柄をパッと見つけたところで、
別に楽しくもなんともないに違いありません。

「この銘柄は“買いが強い”だなんて、そんなの分かってるよ!」

「こんな銘柄をここで買うなんて、あり得ないでしょ・・・」

・・・とつぶやきながら、画面を閉じるのが目に見えています。

また、「しーくれっとれぽーと」の売買シグナルを検証する際、
通常のテクニカル分析の他に、
企業秘密のスパイス(=ウラ遅行線)を加味しておりますが、

  「テクニカル分析なんて、後講釈でインチキだ!」

とお考えの方も世の中にはいらっしゃいます。

ですから、どうしてもテクニカル分析の理論が信じられない方、
今後もテクニカル分析を使わずにトレードを続けると決めている方にとっては、
「しーくれっとれぽーと」の売買シグナルは胡散臭いだけでしょう。

どのような方法で「株式投資の勝ち組」になるにしても、
自分が信じられる方法が一番です

 
もしあなたが、この「しーくれっとれぽーと」を信じていただけるのであれば、
私が全力でサポートいたしますのでご安心ください!

欠点について

 

新規会員募集終了

※「毎月払い会員」は有料メルマガの仕組みを利用しております。
  リンク先のページの商品分類の欄には「有料メールマガジン購読」と記載されておりますが、
  間違いではありません。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
   当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
   信用取引は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、
   場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
   信用取引には取引業者の売買手数料がかかります。

 

▲このページのトップへ