信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 304号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2003/05/18 るこちゃん実践 どっきどき信用取引  別刊


■□■■□□■■■************************
■□■■□□■☆彡
■□■■□□■☆彡       Off の気晴らし          vol.4
■□■■□□■☆彡                    
■■■■■■■■■************************


いつも「るこちゃん実践 どっきどき信用取引」をお読みいただき、
ありがとうございます。

最近近所の百貨店というかスーパーというか...がポイントカード(買った
金額によってポイントが貯まって、それを現金として使える)をすべて
クレジットカードに切り替えると言い出し、今るこちゃんが持っている
クレジット機能の無いポイントカードが廃止される事になってしまった。

るこちゃんはその店が結構お気に入りで、(この辺にしては垢抜けた?
店が入っているから)同じものならなるべくここで買ってポイントを
せっせと貯めていた。
それが無理やり、年会費を取るクレジットカードにさせられると知って
もうここでは買わないことにした。
当然そんなクレジットカードなんか作らないよ〜。

で、ジム通いする為にシューズやスウェットパンツを買いに、久しぶりに
新宿へ出て、商品券のあった小田急デパートの別館ハルクに行って
これまたびっくり!
(前からハルクにフィットネス用品があるのを知っていたからね)
建物の半分近くが大型カメラ店になってしまっていた。
ドヒャーン!
静かで大人っぽい品揃えのハルクが、いつの間にこんなにうるさい
売り場になってしまったのぉ?

って、るこちゃんは何年振りでハルクに来たんだろう?

そういえば、1階にあったお気に入りの「ジャン シャルル デ カステル
バジャック」はまだあるのだろうか?
しまった〜、見てくるの忘れた...

結局面倒なので全部ハルクで買ったんだけど(靴・スパッツ・
スウェット)そこでポイントカードを作りませんか?って言われて
びっくりした。
デパートがポイントカードなんかやってるとは思わなかった。

友の会とか三越カードみたいなクレジットカードなら分かるけど、
ただ買い物金額に応じてポイントが貯まるだけのカードを、他の
小売店みたいに作っているとはまったく知らなかったのよ〜。
都落ちして、たまにしかデパートに行かなくなっちゃったし。

そういうポイントカードが大好きなるこちゃんは当然二つ返事で
カードを作ってもらって、シューズを買う前にもう千円分のポイントが
貯まってしまったので、シューズは早速そのポイントで千円引きで
買うことが出来たの〜。
すごく得した気分だった!(商品券が5千円分あったし)

ディスカウントの無いデパートで、こういうポイントカードがあるのって
ホント、ポイント高いと思うな〜。
その日から単純るこちゃんは、同じものならすべて小田急デパート
で買い物する事に決めました!
ついでに、株主にでもなろうかしら?


今日のるこちゃん How to 気晴らし? ==========

5月18日の今日は、つつじを見に箱根「山のホテル」の庭に行きます。
写真を撮って、また@らんだむのトップページに提供する予定です。
また「ピントぶれぶれだよ!」ってマスターに言われないように気を
つけるつもり...
でも霧が心配。天気予報悪いんだもん...

=====================


【1】 こんな本読みました

『株で毎日を優雅に暮らす法』  (秋津 学 著) 2001年

るこちゃんがチャートの見方や、エリオット波動などを教わったのは
度々このマガジンにも登場する、某証券会社の株式講演会でお目に
かかるテクニカルアナリスト(例の「信用をやれ」って言った人)だけど、
この本はその知識を基にして、さらにチャートや日足の分析をする
のに必要なポイントを教えてくれた本でした。

「毎日を優雅に暮らす」ことが出来るなんて...
いい題名をつけたものです。
るこちゃんはパッと見ですぐこの本を手に取りました。
(ジャスコの本屋さんに1冊だけあったの)

まだこの頃は当然信用取引はやっていないし、やる事になるとも
思っていませんでした。
もっぱら現株のみで、店頭株・ナスダックジャパンとかの値嵩株も
売買していました。

この本では「素人は店頭に手を出すな」と書いてあるのに、我の
強いるこちゃんは、当時の値動きのいい店頭株などにすごく魅力を
感じていて、「そんなこと言ったって、店頭やらなきゃ儲からない
じゃ〜ん」と、言いつけを破っていました。

イーシステムなどを持っていて、毎日ストップ高で顔が自然にニヤける
日が続いたこともありました。
でもその後は言わずと知れた「ストップ安」の恐怖にさらされ、高値で
売り抜けることが出来ずに、みすみす利益を半減させた経験があり
ます。

他にも店頭株は、買っちゃ〜下がり、買っちゃ〜下がりを繰り返し
「あ〜、この本の言うとおりだった」と反省したのはかなり損してから
でした...トホホ
店頭株では「ホームラン」も打てるけど、それ以外はほとんど「三振」
なんだっていう事を、ど素人の時にすでに実感。
そりゃ、やり方を正せばいい獲物かもしれないけど、るこちゃんには
無理って思いました。

この本が特に面白おかしく書いている訳ではないのに、るこちゃんは
読んでいてとてもワクワクしたのを覚えています。
きっと、通りいっぺんとうの基礎知識から一歩踏み込んだ内容...
「証券会社の営業が入った銘柄を見つけよう」とか、「修正・ハッチの
10%転換法」・「赤三兵とニセ赤三兵」・「倍化の原則」などの、るこ
ちゃんにとっては新鮮&初耳用語が豊富だったことが、読んでいて
楽しかった要因だと思います。

「落ちて、落ちて、寄り付き買い」や「飛んで、飛んで、寄り付き売り」
などの解説も、それを知ってからチャートを見るときにいつもこれを
思い出します。

「原則は守ってこそ原則」と教えられていたのに、それを守らないで
いたことは十分に反省しています。
だ〜ってこの本にある「初心者べからず集」に載っている6項目の
うち、(1)仕手株に手を出すな (3)チャート的に高い株には手を
出すな (4)びっくりするほどの乖離率の上昇銘柄は買うべからず
...の3つの「べからず」をやってしまったんだから!

またこの本はどちらかというと短期売買(デイトレード)を基本的
スタンスとして書いている節があるので、るこちゃんもその影響を
受けているのではないかな〜と考えています。
ただ、悲しいことに著者は信用売りを「反倫理性」があると感じて
いて、買いの工夫や知恵だけでもリスクを十分に回避できる確信
から、信用売りによるリスクヘッジは必要ないと謳っています。

『信用売りは、ファイナンスや相場のしくみから必然的に生まれた
知恵だとしても、投資家(あるいは投機家)の人格への悪い影響は
計り知れないものがあるでしょう。初心者がもし信用売りをやり出し
たら...と思うと、彼・彼女の将来は愁うべきものになるのは、想像に
かたくありません。 (省略)... しかし信用売りは、売るときに、
他から株を借りてくるわけですから、借りてしかも下がれと祈る点に
行為としての反倫理性を感じるのです。』

皆さんは、やっぱり信用取引のイメージ悪いですかね?
あ〜、大変!
るこちゃんの将来は「愁う」べきものになってしまうのかしらー。
べつに仕組みを利用しているだけであって、人の大事な財産が
下がればいいだなんて祈っている訳ではないので(そんな事しても
しなくても株は勝手に上がるし、勝手に下がるでしょ)反倫理性と
言われてもな〜っていう感じです。

ただもし今も現株だけやっていたとしたら、信用売りでリスクヘッジ
していなかったと思います。(面倒くさいだけ...)
もしかしたら将来、「あー、やっぱりこの本の言う通りだったわ〜」
という事になってしまうのでしょうかぁ。(他人事モード?)

2年前の本ですが、今また改めて手元に置いて勉強し直そうと
思っている、るこちゃんのような素人には貴重な一冊です。


【2】 凡人るこちゃんの目先の欲望

目先の欲望と言ってもね〜。
(自分でタイトルを付けておいて、なんと怠慢な...)

ホント、るこちゃんは物欲が無く?(ソアラは欲しいけど)もうとにかく
格好悪い不良債権をさっさと処理して、新規建玉可能額を600万まで
戻して、ポジションのバランスをとって2月のような利益を上げるように
なるのが、「億万長者を目指す者」としての、最低の欲望です。

もう読者の方も失敗談には飽き飽きでしょ〜?
いや「人の不幸はデカイほど楽しい」?かな。
今年は8月に向けて、追い風が吹きそう?なので、その風にノッって
るこちゃんも利益を出せるように、準備しなきゃ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    次 号 (第9号) 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  
【1】 信用取引 実践日記  : 毎日の取引結果をありのまま報告 
                                            
【2】 大きな「独り言」     :  膨らむ利益と万馬券
                                              

 なお、次号(第9号)は、5月21日(水)発行予定です。
 
  少しずつ処理されていく不良債権。
    絶好調るこちゃん復活の日は近い〜?

      次号もよろしくおねがいします。      

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん    
     発行日 : 隔日 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : ミニポータルサイト「@らんだむ」内
                          http://mmc.alcor.ne.jp/atrandam

   注) 本文に出てくる専門用語等について、説明が不十分・不適切な
      場合がございますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めするもの
      ではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2003/05/15 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 5/15
2003/05/12 るこちゃん実践 どっきどき信用取引
2003/05/08 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 5/08
2003/05/05 るこちゃん実践 どっきどき信用取引  土日祭日版  5/05
2003/05/02 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 5/02
                           バックナンバー一覧