信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 305号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2003/06/01 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 06/01


■□■■□□■■■************************
■□■■□□■☆彡
■□■■□□■☆彡       Off の気晴らし          vol.5
■□■■□□■☆彡                    
■■■■■■■■■************************


いつも「るこちゃん実践 どっきどき信用取引」をお読みいただき、
ありがとうございます。

首の筋を違えて、少しずつ治りかけているるこちゃんですが、先日
前の会社の人とそのお客さんにゴルフに誘われてしまいました。
え〜、ちょっと...るこちゃんがゴルフなんてやるのぉ?

猫も杓子も「Golf」をやっていた頃、るこちゃんも革のでかいキャディ
バックにカールヘルムのポロシャツで、しょっちゅうプレーに出かけた
ものでした。

やり出すと人一倍凝り性のるこちゃんですから、ゴルフを始める前に
筋肉トレーニングを始めた○年前...
(だから今回筋トレを始めたのも、前にやったことがあってマシンには
慣れているから)
プロになる訳でもないのになんでまた「筋トレ」なんかしたのか?
女性プレーヤーがカワイ子ぶってゴルフをしているのが許せない
性格のるこちゃんは、「女には絶対に負けないぞ!」という意気込み
だったのでした。(ただの負けず嫌い?)

初心者の時は一度に2箇所のスクールに入校し、自主トレを入れると
クラブを握らない日は週に2日くらいだったと思います。
だからその頃は、朝一でジムにいって筋トレして、その足で近所の
打ちっぱなしに行って300球は打ち込むという事を平気でやっていた
のです。(若かったなぁ)

おまけに下手くそが、それこそ力を入れてクラブを振り回すものだから
手の皮がベロンと剥けて、親指の腹や手のひらのクラブが当たる所に
バンソウコウを4〜5枚貼ってあるという、見るも無残で女の子らしく
ない手をしていました(笑)
そのせいか?女の中では飛ぶ方でした。
男の人とプレーに行って、レディースティから打った事がありません。
(ちょっと生意気だよね〜)

るこちゃんがゴルフをやるきっかけになった人が、巷では飛ばし屋で
有名な方で、その人の話を聞いているうちに「るこちゃんもゴルフやろう
かな。やるんなら、流行でやっているって思われたくないし、スポーツと
してちゃんとやろう!」と思うようになり、真剣に打ち込みました。

その方は新宿で設計事務所を構えている社長さんで、愛用のクラブは
ヒロホンマでしたが、ピンアイ2とか(るこちゃんがコロンビア大学の
語学研修でドームステイしていたとき、買って来いと言われてNYから
わざわざ船便で日本に送ってもらった)いろいろ10セットはクラブを
持っていたと思います。

ゴルフにお金をかける人でしたが、るこちゃんがマジメに取り組み
出したことを喜んでくれて、「お前はぜったいに上手くなる」と言って
練習場やコースに連れ出してくれました。
新宿で練習すると1球15円はボール代がかかり、300球も打つと
打席料も入れて5000円は無くなります。
だから自分が練習するときには必ずるこちゃんを呼びつけて(突然
呼び出されるから困った)一緒に練習させてくれたものです。

ゴルフに関するしつけも厳しい人で、コースに行くときの身なりや
プレー中の態度・マナーなどはきっちり教えられました。
そういう人なので、練習していてこれならコースに出てもいいという
レベルになるまで、安易にコースに連れ出すことはしませんでした。
(スクールの先生もちゃんとしている人で、生徒なら誰でも練習ラウンド
参加許可を出すわけではなく、各インストラクターがOKを出さない人は
練習ラウンドがあること自体知らされませんでした)

行けば当然同じレギュラーティから打たされます。
上手くなって欲しいという気持ちが嬉しかったので、るこちゃんも疑問
に感じることなくそうしていました。
技術的にとやかく言うことはいっさいありませんでした。
ただるこちゃんがうまくやることに対して、とても喜んでくれただけです。
いくらるこちゃんが飛ばすとは言っても、その人は絶対にオーバー
ドライブ出来ません。
でも他の男の人よりたまたま飛んだりした時は、「おまえは、すげーなぁ」
とだけ言いました。

その人のお陰で、るこちゃんは一応マナーは心得ているし、誰と一緒に
プレーをしても恥をかくことは殆んどありません。
たまに女性とゴルフをするのが嫌いな男性がいますが、そんな方でも
「おまえなら一緒にプレーしてもいい」って言ってもらえたものです。

でも最近のゴルファーはヒドイです。
だれもマナーなどを教えてくれる人がいないせいなのでしょうが、平気で
ジーンズで来場するわ、超ミニパンツやTシャツでプレーするわ、騒ぐわ、
酔っ払ってコースに出るわ、コースは荒らしたままだわ、前後の組に気を
使わないわ、ろくに練習もしないでコースデビューしちゃうわ...

そういう人たちを見ると可哀想になります。
るこちゃんは最初にゴルフを教えてくれた人が、きちんとした人でよかった
と心から感謝しています。
最初に「どんな人」に教わったかが、その後にひどく影響を与えるものだと
痛感します。

るこちゃんは、株もゴルフも最初に教わった人がいい人だった事で、道を
外さずに頑張っていけると思っています。
ゴルフを教えてくれた方は残念なことに、まだ若い(60才前)うちにガンで亡く
なってしまいました。
もうあのドライバーの「かっ飛び」は見れません。

るこちゃんもここ2年くらいクラブを握っていませんが、先日の嬉しい
お誘いで、またコースに出たいと思うようになりました。
「おまえは絶対に上手くなる」と言って応援してくれたその人が天国から
見ていてくれることでしょう。
突然買ってくれたヒロホンマのアイアンセットも今では形見です。
コース再デビューは、首が治って練習してからになるので、少し先の話
になりそうですね〜。

ちょっと株とは話がそれましたが、るこちゃんは色んな方のいい影響を
受けて、今日の自分でいることが出来ると、改めて感謝する次第です。


 ▲▼▲▼▲   今日のるこちゃん How to 気晴らし?  ▲▼▲▼▲

ウフフ、23日に神奈川県の大和市で行われた新日本プロレスを
電車でごとごと揺られて見に行ったとき、大好きな獣神サンダー
ライガーさんの写真をいっぱい?撮ってきちゃったので、ニヤニヤ
しながらパソコンで写真整理をします〜。

東京ドームと違って狭い体育館だったし、アリーナの前から8列目
だったから、すごく近くで見れるって行く前からドキドキ。
会えないと思っていた金本選手も試合に出たし、席が会場の椅子の
都合で突然5列目に変更になってラッキー。

そうだ、またWebマスターまぁちゃんに写真送ってあげようかな。
「またライガー?」って馬鹿にされそうだから、よそうかな。
最近クマの写真に差し替えてもらったばかりだし...(もう見た?)
却下されそう(涙)       http://mmc.alcor.ne.jp/atrandam

あれ?遊んでるだけで、来週の準備は?
勿論しますよぉ!
来週早々変化日が訪れる予定の銘柄のチャートをチェックして
るこちゃん的に気に入ったのがあればそれを「金の玉子」に
ランクインするし、なければ初めからやり直し。

出来高・値上がり率などから割り出した「金の玉子」予備軍の
中から、面白そうなのをリストアップして、早速月曜日から
動きを追わなければならないしね〜。
結構地味な?週末です...
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


【1】 こんな本読みました

『イチバンやさしい株価チャートの読み方』  (杉村 富生 著) 2001年

ちょっと小さめで読みやすいこの本は、大きさのわりには値が高いのが
難点(1300円する)。

初心者に「相場観測術」「銘柄発掘術」「売買手法術」の投資の3術を
身に付けてもらうことを目的として書かれた本です。

「チャートを笑う者はチャートに泣く」と兜町では言われますが、歴史的に
大成功を収めたチャーチストはいないと、一部のアナリストから否定され
ているのも事実です。
でもるこちゃんが最初に株を教わったのが、例のテクニカルアナリストだった
影響もあり、どちらかといえばファンダメンタルズよりテクニカルに偏った
投資判断をしていると、自分なりに分析しています。

最近のチャーチストの代表として、日興ソロモンの佐々木英信氏&投資
レーダーでおなじみの新井邦宏氏が上げられるのではないでしょうか?
でもるこちゃんの敬愛する?そのテクニカルアナリストも自分では
「この界隈で(兜町のこと)こんな話を出来るのは、俺と英信しかいない」
と言って威張っています。ワハハ

そんなアナリストの株式講演会でチャートを教わるまで、文中の日足を
「ニッソク」と読んでいたるこちゃんですから、まるで推理ゲームかパズル
のように思えて、チャートの勉強はどの本を読んでも楽しいものでした。

当時はまだ信用取引をやっていなかったので、この本で教わった
「落ちる短剣はつかむな」という言葉がとても心に残ったものです。

他にもチャート関連の本を持っていましたが、またこの本を買ったのには
理由がありました。
それは16〜17ページの見開き2ページを使って載っている、日経平均と
NYダウの長期推移というチャート図をどうしても持っていたかったから。

ここには1950年の日経平均が80円台だった頃から(ダウは200円台)
2000年までの、実に50年分の月足が一つのチャート上で比較されている
という、るこちゃんにとってはとても興味深い図だったのです。

え〜、昔はこんなに安かったんだぁ...みたいな。
おまけに、日経平均が3万円台だった時があったのよね〜って感じ。
その頃はよくTVのニュースでまるで付け足しのように「今日の日経平均は
○○円でした」ってアナウンスするのをいつも、何のこっちゃ?という
不思議な気持ちで聞いていたものです。

この図を見ると、日経平均は実にみごとに40年間の上昇相場を形成して
いるのが分かり、その後の11年間の調整(今となっては14年間)も
大したことがないように見えてしまいます。
NYダウに対していかに日経平均がすごい勢いで上昇していったのか
という事を目の当たりにしたと同時に、もう二度とこんな上昇相場は
来ないのでは?という今の日本の成長性に対する不安を感じた、
るこちゃんにとっては大ショックなチャート図なのです。

この40年間も続いた上昇相場の場中にいた人にとっては、「株は長期
保有がセオリー」と言うのもうなずけます。
きっとボンビーアウトサイダーるこちゃんでも、信用なんかやらずに
ミニ株を買って、「持っているだけで」十分利益が出せたことでしょうね。

そうそう、「追証は営業マンの最良のアドバイス」という格言があるそうで
『追証を入れ、どんなに頑張っても負けは負け。営業マンが「追証を」と
言うのは、「あなたは相場に負けました」と言っているのも同じこと。
すみやかに撤退するのが最良の策である』って書いてあるのよ〜。

あーあ、るこちゃんは一度「敗北」を言い渡されているって事なのね。
ごもっとも...

ピンクの蛍光ペンで、あっちこっち塗られているこの本は(るこちゃんが
自分でやったんだけど。それだけ重要ポイントがたくさん書いてあるって
事よ〜)ほとんどのローソク足のパターンを分かりやすく解説しているので
初心者で周りにこういったことを教えてくれる場の無い人には、一読を
お薦めします。


【2】 素人るこちゃんの「金の玉子み〜つけた★」

はい、新コーナーのスタートです。
いや実は、物欲の無いるこちゃんにとって「目先の欲望」が億万長者に
近づく事しか思い当たらなくなってしまったので、勝手に内容変更!

一度に何銘柄も動きをチェックするわけですが、どんな銘柄に注目し
お気に入りにランクインした銘柄は何か...
素人るこちゃんの目で動きが気になる「金の玉子」銘柄をピックアップ
してみたいと思います。

当然これはデイリーまたはウィークリーに入れ替わるので、話題もこと
欠かないもんねー。
(それじゃ、タダのネタ切れか?)

でも皆さんはこれを読んでも「ふ〜ん」程度に受け止めておいて下さいね。
決して売買を推奨するわけではありませんし、るこちゃんの真似をして
大損されても、責任取れないもん...(ホント、知らないよー!)

あ、でも今回は予告だけだよ〜ん。
次回「Offの気晴らし vol.6」をお楽しみに...(インチキ?)



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    次 号 (第14号) 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  
【1】 信用取引 実践日記  : 毎日の取引結果をありのまま報告 
                                            
【2】 大きな「独り言」     :  こんな店頭株に騙されて〜♪(今度こそ?)
                                              

 なお、次号は、6月4日(水)発行予定です。
 
  いよいよ6月...今年も半分が終わろうとしています。
    今月はいい事ばっかり報告するぞ〜。
    (え、それじゃつまんない?...ですよね〜。大丈夫、るこちゃんの事だから
      放っておいても絶対に何かしらヤッちゃうでしょう )

                    次号もよろしくおねがいします。      

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん      
     発行日 : 隔日 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : ミニポータルサイト「@らんだむ」内
                          http://mmc.alcor.ne.jp/atrandam

   注) 本文に出てくる専門用語等について、説明が不十分・不適切な
      場合がございますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めするもの
      ではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2003/05/30 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 5/30
2003/05/27 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 5/27
2003/05/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引    5/23
2003/05/21 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 5/21
2003/05/18 るこちゃん実践 どっきどき信用取引  別刊
                           バックナンバー一覧