信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 335号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2003/11/14 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   11/14




■■■■■■■■***************************
■◇■◇■☆彡
■◇■◇■☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   vol.35
■◇■◇■☆彡                    
■■■■■■■■***************************


   こたつ出しましたか?  寒がりるこちゃんで〜す。

今号から読んでくださる読者の皆さんへ
※テーマは最近またまた多い「医療ミス」。
 信用取引のマガジンなのに、なぜか「医療ミス」経験談に話しが
 それている最中で、今回は続々編(33号からの続き)です。
 詳しくは各スタンドのバックナンバーにて「33号」&「34号」をご覧下さい。
 ボンビーアウトサイダーなので、株の話しだけでは場が持ちません...
 大部分が株「以外の」話しとなるケースが殆んどです(涙)



急遽ベッドごと「病室ではない所」に運ばれて、明日の手術を待つハメに
なってしまった哀れなるこちゃん。
痛みこそやわらいだものの、このお腹に傷が付くのかと思うと、悲しくて
なかなか眠りに付けない。

それに、手術をすれば会社を何日も休む事になってしまう...
でも、いいか!
あそこのバカ女たちのせいで、るこちゃんにストレスが溜まってこうなった
んだから。
たまには大変な思いをしやがれってんだ!

早く寝て、手術を受けられる体力を付けておかなくちゃいけないんだろう
けれど、白いお腹についた赤い傷を想像すると、やはり心中穏やかでは
いられない...
そうこうしているうちに、何時になったのだろうか...
時計が無いから分からないのだが、るこちゃんのベッドの周りをぐるりと
囲むカーテンで仕切られた向こう側が、突然賑やかになってきたのだ。

どうやらまた「違うベッド」が運ばれてきたようだった。
そしてるこちゃんの時とは対応が違い、そのベッドの周りにたくさんの
看護婦や医者がいる様子が伝わってきた。
話し声が慌てふためき、ものすごい勢いで作業に当たっている雰囲気。
これぞまさに救急患者だ!

その作業に当たっているうちの一人が、カーテンの向こう側に寝ている
人(るこちゃんのことよ〜)の存在に気付き、カーテンの隙間から話し
かけてきた。
「ごめんなさいねー、賑やかで...ちょっと我慢してね」

ハイハイ、人の命に関わることですから、るこちゃんのことは放って
おいていただいて結構ですよー、どうせ眠れなかったんだし。

それにしても看護婦達の慌てようが尋常ではない気がした。
TVで見るような緊急事態の雰囲気がビシバシ伝わってくる。
おまけに会話を聞いていたら、髪の毛を切ると言っているのが分かった。
想像するに...頭を怪我して(割れているのかもしれない)大流血した
女性が夜に担ぎこまれてきた...というところか?
それも、ただでさえ眠れないるこちゃんのお隣に...

はさみが髪の毛をジョキジョキと、荒々しく切り落とす音がする。
着ている服を緩めるために、患者を持ち上げたりして、ベッドがきしむ
音が聞こえる。
点滴や血液がガラガラと運ばれてくる。
機械をつないでいる。
血圧や呼吸の数字を読み上げている。

カーテンのすぐ向こうに、生死の境にいる人間が無力に横たわって
いるのだ!

るこちゃんは、彼女に助かって欲しいと思う気持ちと、自分じゃなくて
よかったという気持ちの中で、揺れていた。
るこちゃんも腹膜炎で死ぬ一歩手前であるには変わりないが、
本当にすぐに死んでしまう可能性はあまり?無い。

... カーテンの「こっち側」でよかった .........

彼女は痛みを感じるのだろうか...流れる血を見ているのだろうか...
生きたいと強く望んでいるだろうか...元気になったら何をしたいだ
ろうか...誰が彼女の帰りを待っているのだろうか...

次第に、近い将来お腹につくであろう「傷」にこだわっている自分が
小さく見えてきた。
綺麗なお腹ではなくなっても、絶対に「生きている事」に感謝する
ハズだ。

彼女はるこちゃんにそれを教えるために、ここに運ばれて来てくれ
たのかもしれない。

いつの間にか眠っていたるこちゃんが気付いたときには、カーテン
の向こうに、もう誰もいなかった...
                                         まだ続く?

■□ 信用取引 実践日記 □■□■□■□■□■□■□■□■□

  11月11日(火)

      久しぶりに板を見て、よくもまあ下げたもんだと関心...?
      エントリーのチャンスなんだろうけど、昨日まで場を見ていな
      かったので、底なのかまだ下げるのか判断が付かない。
      結局真っ青な画面を静観して終わり。

    11月12日(水)
      
      昨日の変化日を境に、今日から上昇したらいいのにな〜と
      思っていたが、どうも朝から商い薄っていう気配...

      MISAWA(1722)にちょっかいを出そうと朝から狙っていたが、
      寄り付いたきり動かないので、魅力なしと判断してヤメた。
      太平工(1819)がなかなか寄り付かず、板ではすでに10円以上
      上げてくるみたいだったので、面白そうかなと...
      133円で寄り付いてから130円くらいでエントリーしようか悩んで
      いるうちに128円に下げたけど、売りをかけるほどの下落はなさ
      そうなので、これもヤメた。

      ヒラキン(5541)がけっこう下げているし、戻るとしたら10円
      以上は上がりそうだな〜。
      5千株だけロングポジション持とうかなと思ったが、ヤメた。

      あ〜ぁ、何かないかなぁ...マガジンのネタがないよぉ(笑)
      クラリオン(6796)の足がちょっと気になって、172円で1万株
      新規買い建て注文を出してみた。
      なかなか173円から下がってこなかったが、過去の教訓を活か
      して?指値を変更しないで我慢すること1時間ちょっと...
      前場引け間際にようやく3千株約定。
      後場で残り7千株が無事約定して174円で引ける。

    11月13日(木)

      朝の177円で売ってしまえばいいものを、あと1時間くらい
      様子を見ようと思っていたら、あっという間に172円に逆戻り。
      それどころか、後場に入り買値より下がる始末...トホホ
      金の玉子はすぐに腐るのよ〜(涙)
      また1日を無駄に...

      こんなことならヒラキンにしておけばよかったぁ(涙)

    11月14日(金)

      どうやら某有料マガジンにて、クラリオンが「売り」推奨銘柄
      として取り上げられているとの情報をゲット。
      買っているるこちゃんは、ヤバイ状態?
      170円でのロスカットを視野にいれながら、タイミングを計って
      いたけど...
      利食いもしない...手仕舞いもしない...じゃ、どうしようもない
      よね(涙)

      
□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■


【2】 三連休に読んだ本はこれだ!

 日本株「超」強気論
                         今井 澂 著  (毎日新聞社)


最近は成功本ばかり読んでいたるこちゃん...
だいたいいつも行く本屋さんは、成功本と株本が同じコーナーに
あるから、本を探す時はとても楽チン。

そこで目に付いたのがこの本。
ん〜、前に「日経平均は5万円を目指す」っていう本があったなぁ。
あれも読みたかったけど、買わないうちに本屋から消え去って
しまった...あまりに極論だったのかしら?
そりゃー、日経平均が1万円以下でのたうちまわっている時に
本屋に並んでいたから、誰も買わなかったのかも...

この本の帯の文句にちょっと興味を持って、つい手にとってしまい
ました...その文句とは
「まずは、日経平均2万円。3万円でもおかしくない!私の論拠を
聞いてください。」

う〜む、そりゃぁ長いこと生きていればいつかは2万円、3万円に
なっていく可能性は無きにしも非ずだけど...
そういえば我が敬愛するテクニカルアナリストも先月の株式講演
会で、「日経平均は15年後に8万円になる」なんて、この本以上に
ぶっ飛ぶことをサラッと言ってのけてたなー。

そんな話しを小耳に挟んでいたせいか、このおじさん(著者)の
話しを聞いてみようという気になった。

なぜこの著者が、日経平均が2万・3万だというのか。
その根拠がまず最初に「イールド・スプレッド」という、ファンド
マネージャーの世界で用いられている株式市場の水準分析
手法の数値で説明されている。

勿論ボンビーアウトサイダーのるこちゃんにとって、イールド・
スプレッドなど初耳状態なのだが、このグラフによると、
イールド・スプレッドが プラス3以上だと株式は割高だから「売り」
                        (特にプラス5くらいになると超割高...)
    〃              1以下だと株式は割安だから「買い」
と判断するのだとか。(単位は%)

では、今の水準はどの位置なのか...
驚く無かれ?マイナス2%レベルなのだそうだ。
(ちなみに1975年12月はプラス5%、1986年6月がゼロ、2003年
頭がマイナス3%)

ということは、この手法を信じれば、日本株は絶対的に「買い」と
いうことになる。
そして、万が一日経平均が2万円になったとしても、イールド・
スプレッドはまだプラス1〜2%程度で、まだまだ割安の範囲内
なのだとか。

そうなった時点で、2〜3年後の企業収益の伸びを織り込み
日経平均が3万円になったとして、ようやくイールド・スプレッド
の妥当水準2%程度になるのだと説明している。

「1929年にニューヨーク株式市場が大暴落し、その大底から
 立ち直ったあとを見ると、株価は5年8ヶ月かけて底値の
 約4.7倍に上昇しています。......とりあえず日経平均2万円
 という私の目標がいかに控え目であるか、お分かりいただけ
 るでしょう」

フムフム...プロが使う指標がそう言ってるんなら、そうなのかも
知れないな〜単純るこちゃん...
あれ?でもそしたら、その手法を駆使しているプロのファンド
マネージャーは、みんな「そう思っている」ってことなの?

夢と希望を始めに抱かせて本題に突入したこの本が、るこちゃん
にはとても面白くてタメになって(知らないことが多すぎるので...)
どんどん読んじゃって、1日で読破。
いろいろな角度から日本経済の復活を分析・予想し、中国の発展
と日本経済の関わりにも触れた内容は、株をやらない人にも
興味深い内容じゃないかなーと思った。

最後の方で、彼の推奨銘柄を理由と共に紹介しています。
理由までは書けないので、一部を抜粋してみます。
出来ればこの本の一読をお薦めします。
投資に関する手法やためになること&頑張る気にさせるような
言葉も書いてありますので、るこちゃんは久しぶりに本からパワー
をもらったような気がします。

≪本誌内での推奨分野と関連銘柄≫

デジタル家電 = パイオニア(6773)
ハイブリッド車 = トヨタ自動車(7203)、三洋電機(6764)、
                        アイシン精機(7259)
鉄 = 新日本製鐵(5401)、JFEホールディングス(5411)
ニューエコノミー = ソフトバンク(9984)、電通(4324)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  
【1】 信用取引 実践日記  : 毎日の取引状況をご報告
                                
【2】  るこちゃんの取引ツール
      
          次号発行は11月21日(金)の予定です。
           
                                次号もよろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん    

     発行日 : 月5〜6回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : ミニポータルサイト「@らんだむ」内
             http://mmc.alcor.ne.jp/atrandam

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めする
      ものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2003/11/05 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 11/05
2003/10/27 るこちゃん実践 どっきどき信用取引    10/27
2003/10/16 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/16
2003/10/08 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/08
2003/10/01 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/30
                           バックナンバー一覧