信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 403号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2004/01/31 るこちゃん実践 どっきどき信用取引    01/31


■■■■■■***************************
■◇■☆彡
■◇■☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   04/第3号
■◇■☆彡                    
■■■■■■***************************


  複雑な心境の、るこちゃんですぅ...

先日映画を観てきました。
そして久しぶりに両目から涙を流しました。
そんなに広くないシアターのほぼ一杯に人が座っているのには、
とてもびっくりしました。
なぜなら、その映画は新作でも超話題作でもなかったからです。

幸い両隣の人はポップコーンをむさぼることもなく、ただるこちゃんの
座った列のかなり左に座っていた人が、始終ビニール袋をガサゴソ
していた音が気になったのを除けば、映画に集中できました。

るこちゃんは、知り合いから「会場を出るまで涙が止まらなかった」
と聞かされていたラスト・サムライで泣けなかったので、この映画で
泣くなんていう事は想像していませんでした。
悲しい内容だという事は当然知っていましたが...
きっと自分はひねくれ者だから、泣かせようというシーンでも何一つ
反応しないだろうと。

最初は右の目から涙が一筋...
でもこれは、コンタクトレンズが乾いて痛かったからです。
ここで涙を拭うと、泣いているって周りに思われるのがイヤで、拭くのを
我慢していました。

ところが、しばらくすると、ひねくれ者だと思っていた自分の両目から
素直に涙がこぼれてきたのです。
右隣の男性は、普段の社会生活でこらえて来た色々な感情が吹き
出したかのように、しゃくりあげ始めました。
鼻水もすすっています。

そのうち、会場内がなんとなく涙にくれている様子が、空気で伝わって
きました。
ずっと前の方の席にも、しゃくりあげている人がいます。
あちこちで遠慮気味に鼻水をすする?音。
るこちゃんはぐっと横隔膜の辺りでこらえながら、涙だけ静かに流し
ました。

命とは何か...
人間が壊れていくということは、どういう意味か...
生きているとはどういうことか...
ただ心臓が動いて、息をして、動いていても、そこに魂が無ければ
生きているとは言えないのか?
愛する人を見送った人間の思いとは...
魂・尊厳・絆・価値観...

いろいろな考え方が交差します...いろいろな人の立場で。
そこには一切お金の話は出てきません。
それ程お金なんていうものは、無意味で無感動で無力で無機質な
ものなのかもしれない...
るこちゃんが毎日を捧げているものは、無価値で尊厳など存在
しないのだろうか...?
考えてしまいました。

悲しい映画は時折退屈する場面があったりするけど、この映画に
そういう瞬間はありませんでした。
一筋の希望が指しこみ、観ている人の気持ちが少し救われる思い
で映画が終わり、テロップが流れます。

普通なら、この瞬間すぐに誰かが立ち上がるものです。
こういった内容の映画で、テロップの後にNG集が流れると言うことは
絶対に無いし。
ところが、長いエンディング中、誰一人立ち上がろうとはしません。
皆まだ泣いているのだろうか?
一人ぐらいそうでない人がいてもいいはずなのに。
でも通路側の人も、出入り口付近の人も、誰も...

テロップも消え、場内の電気が灯される。
ようやく立ち上がった場内の人それぞれが、とても満足している様子
が伺えました。
そして、それぞれの人のさまざまな感情を、会場内の人全員で共有
しているような感じ。

こんな雰囲気を味わった映画は始めてでした。
内容がそれぞれの人生に深く関わるものだったからなのか...?
他人事とは思えないものだったからなのか?

なんとはなしに、規則正しく並んで会場の出口に向かう人たちは、
よく見ると7割がオバサン、2割が若い女性、1割が男性という
感じでした。
それぞれの年代が、それぞれの人生を背負ってまた自分の世界に
戻っていく。
アカデミー賞にノミネートなんかされなくても、ここにいた人たちの
中ではしばらく、「ナンバー1」の映画として心に残るでしょう。

もうすぐ終わってしまうかもしれないけれど、チャンスがあったら
観ていただきたい。
1日(明日)は「映画の日」で、鑑賞料が千円なので...
それが言いたくて、マガジンを1日早く送信しました。
おいおい、いつから映画評論マガジンになったんじゃ〜?
アハハ

その映画の名は、『半落ち』

病気の家族を抱える苦悩と命の尊厳に、現代社会のドロドロと
した部分というスパイスが効いています。
柴田恭平を見て「はみだし刑事」と勘違いしそうになった?
ウルウルるこちゃんでした★


∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈  信用取引 実践日記  ∋∋∋∋∋

    1月26日(月)

      先週エントリーすると決めていた福岡シティ銀行(8539)が朝
      せっかく高く始まったのに、寄り付きで売り注文を出し損ね、
      中途半端な142円で1万株新規売り注文。

      あっけなく約定後、上下動を繰り返しつつも138円と139円で
      5千株づつ買い返済完了。
      31,808円の利益★

    1月27日(火)

      建て玉可能額が昨日の取引で足りないので、売買を
      見送る。

    1月28日(水)

      出かけに不動建(1813)を98円で1万株新規買い建て
      注文していたのが後場すぐに約定。
      ところがその後下がり、エントリーミスと反省。

    1月29日(木)

      市内の知人から、パソコンが動かないと呼び出される。
      私は修理屋じゃな〜い...と思いつつ、お人好し発揮。
      見てないうちに不動建が90円に激落...
      涙も出ない。

    1月30日(木)

      昨日激落した不動建が心配で寝た気がしなかった。
      それが朝から調子よく上がってくれて、100円で全て
      売り返済完了。
      マイナスにならなかっただけマシ状態で、
      16,667円の薄利★

      こんなエントリーをしているようじゃ、「新生るこちゃん」は
      程遠い...(涙)
      

∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋


【2】  検証!04年新春版「今買いの株」 Part2

すでに?新版が出ているのにはびっくり。
ただ、るこちゃんの師匠は載っていないので買いません。
...たぶん。
気が変わったら読んでみます。

●植木靖男氏

『景気回復を織り込むような銘柄と、最安値のときから比較しての
 上がり具合。いまはこのあたりが選択のポイントと言えよう』


 兼松(8020):企業再生銘柄のひとつ。
                有望分野に注力した事業展開に期待。
                01年に倒産の危機に直面も、債務免除後
                東京三菱銀行管理の下、リストラを進める。
                総合商社から転身し、IT関連や食料など4分野
                に絞って事業展開。

●出島昇氏

『休む事を知り、機をみて投資することが、株売買において損を
 しないコツなのだ』

●小川秀一郎氏

『現在一番の狙い目は、鉄鋼・非鉄金属・セメントなど、慢性的な
 業績不振からこれまで株の世界ではついぞ陽のあたらなかった
 素材関連の銘柄だろう』

 大平洋金属(5541):世界のニッケル需給で、高収益体質に
                      劇的な変貌を遂げつつあり、株価が高値
                      圏にシフト中。

●岡本昌巳氏

『首切りなど、いわゆる弱い人たちの流した血で成り立っている
 業績回復・再生相場なのだ』

 日立造船(7004):社名の「造船」が事業から消え、情報産業・
                    エネルギー・精密産業機械などを位置づけ。
                    04年の復配を計画、企業再生が見える。

●四方田勝久氏

『売れ筋商品メーカーの株を考えたとき、それらの素材メーカー
 まで考えてセレクトするべきだ。ひとつの線に沿って関連企業
 だけ攻めていくのだ』

 日本バルカー(7995):プラントのタンクのパッキンなどを作って
                        総体的に業績の良い会社。
                        出遅れ銘柄で、内需関連銘柄として
                        押さえておきたい。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  
【1】 信用取引 実践日記  : 毎日の取引状況をご報告

【2】  検証!月20万円稼げるギャンブルトレード
      
     次号は2月7日(土)発行予定です。
     株の話しばかりだとウケが悪い?るこちゃんのマガジン...
     最近「コラムしか読まない読者」と「コラムは読まない読者」の
     二種類生息しているらしい...(笑)

                                次号もよろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん     

     発行日 : 月4〜5回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : ミニポータルサイト「@らんだむ」内
             http://mmc.alcor.ne.jp/atrandam
                            近日工事予定...
                            スーパーリニューアルなるか?

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めする
      ものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2004/01/24 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 01/24
2004/01/17 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 1/17
2004/01/11 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 1/10
2003/12/27 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 12/27
2003/12/19 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 12/19
                           バックナンバー一覧