信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 405号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2004/02/14 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 02/14


■■■■■■***************************
■◇■☆彡
■◇■☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   04/第5号
■◇■☆彡                    
■■■■■■***************************


      神出鬼没の? るこちゃんですぅ...


先々週の土曜日...
有楽町の東京国際フォーラムで行われた、カブドットコム証券&松井
証券&DLJディレクト証券共催の「個人投資家向け」フォーラムに出席
してきました。

読者の中で行かれた方も多いのでは?
もしかして隣に座っていたのがるこちゃんかも...

無料と言う言葉に釣られて参加したのですが、「当たり屋」北浜流一郎
さんや川口一晃さんがお話されたので、とてもよかったです。
「生」北浜氏は始めてで、川口氏は会えば挨拶する関係ですが、この
日は個人的には会えませんでした。

その会場内では、共催三社がパソコンで自社のトレードツールの良さ
をアピールして、パンフレットを配っていましたが、るこちゃんもカブ
ドットコムの上得意?なので、ちょっと顔を出しておくか〜と思い、
ブース(とは言ってもただ机が並んでいるだけ)に近づいて、人ごみの
中から覗きこんでいたら、突然
「●●さまですよね!」
と、社員に声を掛けられビックリ...!
ネット証券だから顔を合わせないのに、なぜるこちゃんの名を...?

も、もしかしてるこちゃんたらこの会社内で「上得意」(悪い意味で)
として有名なのかな?
それとも以前「追証を食らった客」として、要注意人物にランクイン
しちゃっているのかしら〜?
それにしても顔と名前が一致するなんて...恐るべし、カブドットコム。

と、しばし考えていたら、彼女の説明でようやくその真相を納得。
以前この会社のイベントでお世話になったことがあって、その時ある
ことでちょっとだけやり取りのあったるこちゃんの顔を覚えていて
くれたのであった。
あ〜、よかった...そーゆー理由で。
それにしてもそんなに印象的だったのかしら?

次に株関連の本を販売しているコーナーへ。
カブドットコム証券が出したばかりの本を彼女が「買ってくださいね」
って言うもんだから、ちょっとのぞき見。
ま、この本の発売に関しては事前に知っていて、発売日を楽しみに
していたから、買ってもいいかな〜状態だった。

こんな本を買うと、益々上得意になっちゃって、カブドットコムの思う
ツボだわーと思いつつ、購入。
本当はワンウェイ方式一律3千円という信用取引売買手数料に
不満なるこちゃんは、イー・トレード証券に鞍替えしようかと考えて
いるのだ。
※カブドットコムのワンウェイ手数料とは、信用新規建て玉の手数料
 が一律3千円で、返済時はどんなに分けて返済(2万株を5千株
 ずつ4回に分けて返済とか...)しても手数料は無料。
 返済注文約定時に清算。

るこちゃんは意図的に返済を分けるつもりがないので、やっぱり
一回3千円という手数料が高いと感じる。
ま、やむなく分けて返済するようなときには、助かるのだが...
あれ?でもイートレードの信用手数料っていくらだったっけな。
確か550円くらいだったハズだけど...
新規も返済時も手数料がかかるけど、それでも単純には往復
1,100円。
この1,900円の差は、利益の薄いデイトレーダーにはかなり大きい。

その本販売コーナーには、普段近所の本屋では「絶対に」目にする
ことのないマニアックな?株本が並んでいて、あれもこれも欲しく
なってしまった。
でも、同じような本ばっかり読んだって急に株が上手くいくわけじゃ
なし、その日が発売日だった川口氏のペンタゴンチャートに関する本
とカブドットの本の二冊だけにした。
だって〜、荷物が重たくなっちゃうもん。

初「生」北浜氏は、見た目の想像より(ゴメン)面白い人で、話しも
お上手。
アスカ・ビジネスカレッジで講師をしているだけの事はある。
ちょっとおふざけなところが、眠くならなくていいわ〜。
川口氏のペンタゴンチャートは知らない人が多いと思うんだけど、
彼の解説ビデオテープを買っている人がいたから、これからこの
チャート分析法がブレイクするのかも?

最近、るこちゃんを信用取引に走らせた例のテクニカルアナリストに
なかなか会えないし、「心(株)の師匠」を川口氏に乗り換えちゃおう
かしら...?
流行には鈍感だけど、そんな川口氏と以前お話しできちゃったのが
ちょっと自慢で、変なところで有名な?るこちゃんでした。


∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈  信用取引 実践日記  ∋∋∋∋∋

    2月9日(月)

      先週の残りの兼松(8020)がどうも165円あたりで寄り付き
      そうな気配だったので、売り返済指値を欲張って166円に
      急いで訂正(5千株)。
      無事約定して、23,173円の利益。

      でもそれは所詮先週の分なので、改めてターゲットは先週
      ちょっと怪しい真柄建設(1839)。
      124円でモジモジしていたのが上抜けたので、127円で新規
      売り注文を1万株。
      これがどんどん上がっちゃったので慌てて128円に差し替え
      たが時すでに遅し。
      128円4千株&127円6千株に分かれて約定。

      ところがその後まだまだ上がり132円に!
      落ちてくるのを祈るのみ...ちょっと売り急いでしまった。
      結局124円で買い返済完了して、今日はトータルで
      53,987円の利益★
      
    2月10日(火)

      古河機(5715)・三井造(7003)・日電工(5563)・太平海
      (9123)の中から、朝ターゲットを太平海に絞り、上がって
      きたところを123円で1万株新規売り注文。
      上昇途中で約定し、125円まで上がる。
      買い返済注文を119円にしたが、その下の買い数量が
      少なかったので欲張って117円に変更。

      なかなか下がってこなかったけど我慢して、前場もあと
      30分を切ったころで、ドバッと売りが出て約定。
      56,813円の利益★

    2月12日(木)

      東京製綱(5981)・プリマハム(2281)・カネボウ(3102)
      アツギ(3529)の中からターゲットをアツギに絞る。
      105円で1万株新規売り注文約定後、108円まで上がり
      一瞬冷や汗。
      午後は東京へ出かけるので、ダメ元で101円買い返済
      注文を出して、パソコンから離れる。
      これは明日まで持ち越す覚悟。

    2月13日(金)

      今日は朝から近くの文化会館に出かけるので、新規の
      取引はお休みだけど、昨日のアツギをどんな結果でも
      手仕舞いする覚悟。

      昨日出した買い返済101円の注文はそのまま。
      売り数量が膨れてきて、午前中に返済が無事約定し
      携帯電話に嬉しい通知が届く。
      36,787円の利益★

      今週は自分なりに頑張ったと思う。アハハ
    

∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∈∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋∋


【2】  検証!ハイリターン投資ででっかく儲ける (宝島社) Part1


最近の宝島社はこういった内容の本が大好きなようで...
それだけ「金儲けの本」の需要があるという証拠であり、世間は
不労所得獲得に躍起になっているってことかしら?

この本は株に限らず広範囲の投資法を27種類紹介しています。
るこちゃんにはちっとも関係ない投資法もかなり載っているので
目に留まった(関係のある?)章だけご紹介します。

●デイ・トレードで儲ける

『保有は最長でも6時間程度。この極端な「短期決戦」こそ、デイ
 トレード最大の特徴であり、利点でもあるのだ。
 ... 長期投資のように大きく値を下げて、大きな損失を出して
 しまう事も無い。儲けの大きさでは他のスタイルに一歩譲るが
 デイ・トレードの優れた特性は、リスク回避がほぼ確実に出来る
 ということだ』

まさしく本文中の言う通り!
るこちゃんが今年に入って「デイトレ」にこだわる(転換した)理由は
損切りが下手なこと・損切りポイントが明確に決められないこと...
が原因だ。
エントリーが「失敗」なら、その日の内に手仕舞って、また次の
チャンスに備える(投資資金を貼り付けない)方がいい、という
結論に自分自身で達したからだ。

「リスク回避がほぼ確実に出来る」とあるが、これは「絶対にその日
のうちに必ず手仕舞う」ということを実行できてこそ!であり、デイ・
トレードが「手法として完璧なもの」だということではないと思う。
そこを勘違いしてはいけない。

だって、そのエントリーが失敗だと気付いたのに(思惑と反対方向に
値が動いたのに)、そこで手仕舞いせずに手法をスウィングトレード
(持ち越す)に切り替えてしまっては、デイトレの意味がなくなってし
まう。
多分その銘柄は「不良債権と化す」可能性が高い...

ポジショントレード(中長期投資)・スウィングトレード(原則1週間
以内)・デイトレード(1日以内)のそれぞれの特徴が表で記されて
いるが、その下の注釈にこうある...

「ローリスクがデイトレードの売りもの、資金効率もトップ。
 拘束時間の長さがやや難点か」

拘束時間とは、板に張り付いている時間(1日の内で、市場に参加
している時間)のことを指していると思うが、投資期間が長いほど、
拘束時間が短く書かれている。
確かにポジショントレードなら、毎日何時間も板に張り付いている
必要はないから、そういう意味では拘束時間は短いかもしれないが
るこちゃん的には、デイトレードでもやり方によっては、拘束時間は
1日2時間以内でOK!だと考えている。

「1日2時間」が長いor短いかは、個人の感覚や生活環境によって
差があると思うけど、1日に数万円稼ごうという人の勤務時間(拘束
時間)が2時間で済むのなら、るこちゃんの感覚では「短い」と言って
いいのではないかと思う。胸を張って...


●信用取引で儲ける

やっぱりありました...信用取引の章。
「大儲け」の投資本でコレが出ていない訳はありません。

『株式投資を少なくとも2〜3年は実践した投資家の用いる方法だ』

ウフフ...るこちゃんが信用を始めたのも、年数だけ数えれば丁度
三年目の時だわ〜。
それまではただ「ミニ株を買って、ボーっと持っているだけ」のミニ
株軍団だったのよねー。

『信用取引は買いと売りが出来るので、理屈では往復で儲けられる
 が、これは至難の技』

そーなのよ。
始める前は、上げても下げても儲けが出るなら、しょっちゅう利益が
あげられると思っていたんだけど、超甘かった...
いや、お上手にやればちゃんとそうなるのだろうけどね。

ま、この章には当たり障りの無いことしか書いてないけど、体験編に
るこちゃんの先輩に当たる?某女性の実績が紹介されている。
実在なら、るこちゃんより信用取引は1年先輩ってことね。
「初めの2年は負け越した」と書いてある。
ちょっとマニアック?な「ストキャスティクス」という投資指標を
使っているらしい。
るこちゃんはこの指標は使っていません。
勉強はしましたが...
                    (Part2へつづく)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  
【1】 信用取引 実践日記  : 毎日の取引状況をご報告

【2】  検証!ハイリターン投資ででっかく儲ける Part2
      
     次号は2月21日(土)発行予定です。
     この日は、るこちゃん初NOAH観戦日。(プロレス)
     女性客の多いNOAHの試合ってどんな感じかな〜。
     親日本とはかなり違うのかしら。
     「ライガー〜〜〜!」と叫べないのが、ちと寂しい...

                                次号もよろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん    

     発行日 : 月4〜5回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : ミニポータルサイト「@らんだむ」内
             http://mmc.alcor.ne.jp/atrandam
                            近日工事予定...
                            スーパーリニューアルなるか?

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めする
      ものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2004/02/07 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 02/07
2004/01/31 るこちゃん実践 どっきどき信用取引    01/31
2004/01/24 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 01/24
2004/01/17 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 1/17
2004/01/11 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 1/10
                           バックナンバー一覧