信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 442号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2004/11/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   11/21



■■■■■■***************************
■◇■☆彡
■◇■☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   04/第42号
■◇■☆彡                    
■■■■■■***************************


マガジンの配信が遅れまして、申し訳ございません。
先日、遅れていた本のイラストがようやく入り、急いで再校した
ため、配信の時間が作れませんでした。
出版って、タイヘン...。

ところでなんだか最近、怒ってばかりのるこちゃんです...トホホ。
精神的に不安定な証拠でしょうか...?
美容によくないわぁ、まったく。


 ・・・ では、早速ですが〜 ゴホン (。。);


こらぁ、くそジジーィ...

いや、ちょっとそこのお爺ちゃま...映画館では携帯電話の電源は
OFFっておきましょうね!


ちょっとぉ、そこのバカ夫婦...

いえ、すみませーん、そちらのご夫婦...いくら幼児でも電車内で
おしっこをさせるのは、やめてくださーい!


おいおい、ダメ男...

っていうかぁ、スーツの似合わない新入りサラリーマン...新幹線の
グリーン車じゃあるまいし、私鉄の急行電車内での飲酒はお止め
ください。みっともないですよ!

まーったく...世の中いったいどーなってんのサ!
モラルも常識もあったもんじゃない。
老若男女がそうなんだから、救いようが無いよね。
せめて、年配者くらいは常識をわきまえていただかないと、
しめしがつかないでしょー。

右を向いても左を見ても、最近はるこちゃんを怒らせるようなやつ
ばかりで、ホント落胆のため息が出ちゃうよ〜。

...

全席指定の映画館。
昼間のガラガラな時間帯なのに、わざわざ一番端っこに座っていた
一人の白髪老人。
その前の列のど真ん中に席を取っていたるこちゃんは、自分の席に
向かって歩きながら、遠慮気味?に一番隅に座っているこの老人が
ちょっと気になった。

トイレが近いのか、すぐに帰らなくてはならない(退館したい)理由が
あるのか知らないが、こんなに空いているんだから、もう少し見やすい
位置を希望(全席指定だから...)してもよさそうなのに。

ところが、映画が始まってしばらくすると、どこかで携帯電話の
呼び出し音が...。
おまけにマナーモードにしてあるわけでもなく、堂々と鳴り響く。

くっそー、誰だ?非常識なヤツは...!
その音のほうを見ると、なーんだ、あのじいさんが悪びれる様子も無く
電話に出て、おまけに普通にしゃべっているじゃないか!

どうやら、自分に電話がかかってくるのを予期して?わざわざ一番
端の席に座ったようだ。
でも普通、電話が鳴ったら席を立って、外に出て会話しないだろうか?
いや、館内で電話を鳴らすこと自体が、すでに「非常識」だけど。

それを普通の声のトーンで相手としゃべっちゃうんだから、どんな
神経をしているのやら。
おまけにガキじゃない、いい大人がだ!
そういうヤツがいたら、普通は注意しなくてはいけない立場?の
人間が...だ。

よほど自分が偉いと思っているのか、どうしても出なくてはならない
電話なのか?
だったら、映画なんか見に来るな、ボケ!
1度だけならいざ知らず、このジジイ〜、2回も電話を鳴らしてしゃべり
やがった。

るこちゃんはこういうのって、超許せないタイプだ。(仏でも怒る!)
もし自分の前に座っていれば、絶対に後ろからイスを蹴飛ばしている。
さすがに2回目のときは、席が遠いものの後ろを振り向き、思い切り嫌
そうな態度を取ってやった。
でもそれに気づくはずもないじいさん...、痛くも痒くもないのだ。

他人の不快なんて、まったく「アウトオブ眼中」なのだ。
アンビリーバボー!

いや、ここまでくればブラボーか?
(韻を踏んでみました...笑)

ちなみに、見ていた映画は「デビルマン」でした。(笑)


...

ある日、新宿に向かう電車内...、いつも通り車内は空いていた。
だからすぐにシートの端に座り、いつでもうとうと出来る体勢に。
が、座って間もなく、左の方向に騒がしい人の固まりを発見...。

この後、目を覆いたくなるような光景が繰り広げられる!
あー、日本は「終わったな...」と、後頭部に打撃をくらった気分に
させられた、恐ろしい光景とは?


               <これまた、つづく...>


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 信用取引実践日記
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 11月16日(火)

  前号のマガジンで検証した新日鐵(5401)を252円で
  1万株新規売り。
  次の打診買い信号までポジションを維持する予定。
  
  いや〜ん、売りなんて久しぶりぃ (^^)v

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「るこちゃん力作?売買判別シート」...シグナルを追え!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


前回発表の5銘柄の検証続編は、『ka☆buログ』の今日の
記事に掲載されています。
ご覧になりたい方は、下記へアクセスください!

http://rukochan.tea-nifty.com/blog/2004/11/post.html



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● こんな本読みました
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

久しぶりのこのコーナー...。
自分が書くのが忙しくて、なかなか本を読んでいられなかった
のですが、先日本屋さんでちょっと気になって買った本を紹介
したいと思います。


『インフレであなたの生活が破綻する』 
         太田晴男 著  ダイアモンド社


確か太田氏はだいぶ前に「日経平均は5万円を目指す」という
本を出した方ではなかったかしら?(違ったらゴメン...)
その本にも興味があったんだけど、買わないうちに本屋から
姿を消してしまいました...。
まだ日経平均が下がりまくっている最中に出たから、誰も
そんなことを信じていなかったかもしれないな〜。

この本は日本の株価がどうなるこうなる...という話ではなく、
近い将来ハイパーインフレになって、国民は2割の金持ちと
8割の貧乏人に分かれる...ということを警告しているものです。

ま、どの世界でも20対80に分かれるというのは、理にかなって
いるというか、自然の法則とでも言うか...。
これが聖書では「5対95」だからねー、もっとシビアよぉ。

なぜ「インフレ」?
株価が多少戻ってきたとは言っても、まだまだデフレの気分から
抜け出している感じはしないし、一部の企業業績が上向いた
程度で、庶民の生活に潤いは感じられない...。

誰がインフレを引き起こすの?

政府の抱える借金を「チャラ」にする手段として、インフレが
用いられるそうで...。
インフレ=増税 という図式が成立するとなれば、国は
表立っては国民から反感を買わずとも、こっそり700兆もの
借金を「無かった事にする」ことが可能とか。

そして、今は円高傾向だけれど、必ず円安に振れるときが
くる...それもこの2年以内に120円〜130円代に...?
新税の導入・物価の上昇・円安・各種控除の廃止etc...
国民の資産は目減りするばかり。
もしインフレが10%も進めば、7年で物価が2倍になると
いう試算が出ている。

その7年の間に、自分の収入が今の2倍になるだろうか?
お給料やボーナスが、物価の上昇に比例して上がってくれる
保証があるだろうか?

ドルも150円あたりまで上昇することを考えて、今資産を「円」で
持っている人は、大事なお金を海外へ逃亡させよ!ということ
らしい。

オセアニアドル・カナダドル・スイスフランもお薦めだが、やはり
主流はドル$だそうだ。
そりゃそうだ...世界に通じる通貨だし。

そして株式投資なら、インフレに強い企業に投資しなければ、
インフレヘッジにはならないと言っている。
ま、株価が上昇しないと利益が得られないのであれば、そういう
心配も必要だろうけど、株価が下がってもお構いなしの「信用
取引」なら、現物投資家よりは多少有利か?アハハ

そういえば、15日の日経新聞一面で「個人投資家、信用取引
が主流」というような記事が載っていた。
12年ぶりに、信用取引の個人投資家の売買代金が、現物株の
それを上回ったとか。
フムフム、るこちゃんの言う「個人投資家 総信用取引時代」が
間違いなく近づいている証拠なのだろうか?

先の株でのインフレヘッジに話しを戻そう。
著書内では以下の銘柄を選択せよと、記している。

「株式市場にインフレヘッジを求めるのであれば、
 ?含み資産を有している
 ?資源株
 ?原材料が少ないものを作っている企業
 ?ソフトウェア
 ?国際競争にさらされない
 ?インフレのコストを製品価格に転嫁できる
 ?借入金が少ない企業
            以上が選択の基準となる」

フムフム...。
では、それ以外の銘柄群をカラ売りすればいいのかな?(笑)

インフレになれば、金利も上がるのだから、銀行の預金に利息が
いっぱいつくから大丈夫...と思っても、そんな金利の上昇は
物価の上昇にはついていけない。
インフレでは、お金を持っているだけではダメなのだ。

日本人がたとえ1億円持っていても、お金持ちとはいえなくなる
時代が来る...?
ちょっと待ってよ〜、るこちゃんが億万長者になったころには、
「たった1億円」って感じになっちゃうってことぉ?

あーぁ、タイヘンな時代になりそうです...トホホ。
ぬるま湯のうちに危険を察して飛び出したい(対処したい)人は
参考までに一読するといいでしょう。

でも、同じ話しが次の章にもその次の章にも出てくるので、
内容的には236ページのうちの半分くらいというところでしょうか。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 信用取引 実践日記  : 毎日の取引状況をご報告

【3】  るこちゃん本、先行予約&オマケのお知らせ!
      
     次号は、11月28日発行予定です。

  るこちゃん本の発売日がいよいよ決定?
  メルマガ上で「先行予約」を受け付けます。
  ご予約いただいた方には、嬉しい?オマケ付き!
  次号のマガジンは、要チェ〜〜ック (^O^)/
          
                               次号も、よろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん       

     発行日 : 月4〜5回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 株式信用取引 るこちゃん『ka☆buログ』
                          http://rukochan.tea-nifty.com/

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めする
      ものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2004/11/14 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 11/14
2004/11/07 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   11/07
2004/11/02 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/31
2004/10/24 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/24
2004/10/18 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/17
                           バックナンバー一覧