信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 519号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2005/06/07 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   06/06



●●●●●●***************************
●◇●☆彡
●◇●☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   17-19号
●◇●☆彡                    
●●●●●●***************************


まだあまり深い付き合いでもない相手が、自分にいい印象を持って
いない場合、それどころか敵意さえ感じている場合、それを180度
変えさせるには、かなりの苦労かよほどのキッカケを伴うであろう
ことくらい、皆さんにも想像がつくのではないだろうか?

まさに最初の師弟関係は「こいつはスパイか?」と勘ぐっている師と
「教える気なんかないんじゃん!」って腹を立てている弟子という
状態だった。

そのレッスンプロはるこちゃんのことを「ゴルフ関係のスパイ」だと
思っていたらしいのだ。
そんなことも知らず、レッスン中に「まったく」相手にされない日々が
続いた。

どうしてそんなことが起こるのかって?
アハハ、るこちゃんもびっくりしたんだけど、この世界も「パクリ」が
横行しているんだって。

一流プロの理論とか技を、生徒の振りして盗みに来ては、さも自分
の技術だと言い張って、出版したりレッスンしたりする人がいるの
だそうだ。

師はそれをことのほか警戒していたのだ。
そして過去にもそういうヤツが、知らん顔してレッスンに来ていた
らしい。

だから、全員を集めて理論を教えてくれる時でも、他の生徒全員
には「こうやるんだ!」って体を使って教えてくれても、るこちゃん
にだけは、絶対にそうはしてくれなかった。
るこちゃんには他の人の様子を「見せるだけ」だったんだ。

そのうち師は、
「お前は玉なんか、もったいないから打たなくていい!」
と言い出した。

他の生徒が色んなクラブに持ち替えて、楽しそうに打っている
片隅で、ゴムティーを目印に空しく素振りだけを繰り返す日々。
どこが悪いとか、こう直せという指導もないまま、ひたすら
今までのフォームで素振りを続けるしかなかった。

たまたま隣の打席で打っていたおばちゃんゴルファーに、

「可哀相ねー。先生に玉を打たせてくれるように頼んでみたら?」

と同情までされたが、先生に直訴する事はなかった。

逆に「ボール代が助かる!」って思っていたし(笑)。
確かに下手っぴーが下手なまま何球打ったところで、上手くなる
わけではないし、自分のスライスを直すには素振りからやらなきゃ
ダメだという覚悟があったから、辛くは無かった...先生に無視され
ている事以外は...。

そしてある日、とうとう師がるこちゃんに初めて教えてくれてのは
「フィニッシュ」の形だった。
ひたすらフィニッシュの形だけを意識した「素振り」が始まった。

このとき初めて師がるこちゃんの身体に触れて「こうだ!」って
教えてくれたことが、嬉しかった。
師の疑いが晴れていたのは、「スパイならとっくに逃げ出している」
と思ったのだそうだ。
素振りだけで、シカトされるレッスンでは何も盗みようが無い。

それからというもの、先生はるこちゃんに一目置いてくれるように
なった。
そのうちテイクバックを教わり、目からウロコが落ちかけたとき、
ボールの代わりに叩いていたゴムティーが、根っこから切れて
真上に飛ぶようになった。

それってもう古くて切れそうになっていたんじゃないのー?

確かに新品ではないが、クラブを横に振っているうちは、どんなに
力を入れてもゴムティーが切れて真上に飛ぶことは無い。

こうして練習場のゴムティーを何本か内緒でダメにしたころ、
スライスが直り、ショートアイアンの弾道が高くなり、ロングアイ
アンもダフらなくなり、他の生徒の前で見本?に打って見せられ
る立場になっていた。

先生がるこちゃんを通して他の生徒に見せたかったのは、
スウィングではなかった。
るこちゃんはあまり綺麗なスウィングではない...というか真似
出来ないスウィングなのだ。
思いっきりフラット&インサイドに引くからだ。
横峰さくら選手とは対照的になる。

見せたかったのは、ピッチング(他アイアン)を打ったときの
音と、べったりアイアンのフェースに残った「球の跡」だった。
その練習場は本物のゴルフボールを打たせてくれていたから、
音も飛距離も感触もホンモノなのだ。

今までのスウィングでは聞いたことが無い打球音。
白く丸く削りとられた球の跡。
師は球の行方より、音とボール跡でショットを判断した。
「パチーン!」といい音がしただけで「いいぞ、ナイスだ!」と
誉めた。

とうとうるこちゃんは師の「お気に入り」になっていた。
黙っていれば何時間でも同じクラブ(ピッチング)を黙々と
打ち続ける根性?が気に入ったらしい。

「おまえがあと数年早く俺のところに来ていれば、今頃は
 たくさんスポンサーがついて、賞金も稼いで、お前の面倒を
 見ているだけで俺も左団扇だったのになー」

師から言われた最高の?誉め言葉だった...。

もっと練習したい...それには東京にいてはダメだ...ゴルフ場
に就職しよう...師の反対を押し切って、るこちゃんは東京を
離れた。

それは悲しいかな、結果的に大事な師との別れになるものでも
あった...(;;)

            < 完 >


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■委託保証金は50万円用意。
 但し、実際の売買は、委託保証金が30万円として建て玉する。

■セオリー通り、目一杯の建て玉を禁止するため、新規建て玉
 トータルで「60万円前後まで」とした。
 (レバレッジ2倍程度ということですね)

■基本的に「るこちゃん力作!売買判別シート」でシグナルが
 反転する、又は反転の兆しが見えるまでは手仕舞いしない。

■委託保証金が最低ラインのため、ロスカットは早めに。



玉のその後...(;;)


▽ NTN(6472)

   5月23日(月) 新規買い建て 千株 582円

   5月30日(火) 588円 売り返済 +2,557円


 結論...短気は損気?アハハ
 だって〜、じっとしていられないんだもん(;;)
 今度っから我慢しよ〜〜っと☆


今週は新規エントリー無し。
おいおい、いつ儲けるんだよ〜?

現在「カラ売り」銘柄観察中です。
まだはっきりとした「売り信号」にならないので、静観中。
信用倍率が低い銘柄が最近多くて、「んー?」って思う
ものも少なくありません。

かなりの売り物を消化しないと上昇しづらい銘柄もあり、
弱い?地合いと膨らんだ買い残が心配のタネ?
いや...落ちるならとっとと落ちてくれ〜!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● るこちゃん本にも書いた、10のゴールデン・クロス
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

GC(ゴールデンクロス)ってなんだろう?

一応定義としては...

 『中期線が長期線を上回った交差地点をいい、大勢上昇相場入り
  の確認として買い局面と言われている』

そう、ちょっと前までは「GCが出たら即買いだ!」みたいな感じで、
ただただGCが出たら買うというだけの投資方法が本で偉そうに
紹介されていたりしたものです。

と、ところが...
このGC投資法?に騙されている投資家があまりにも多いという
現実が...。

比較的最近発行された株本では、ようやくこのGCの正体?と種類
について解説されるようになりました。

だってねー、GCって10種類もあったっていうんだから、ちゃんと
知らないで何でもかんでもGCで買っていた人は騙されちゃうわよ。

GCが10種類あるということは「るこちゃん本」でも触れてて、
もうご存知の人が大多数だとは思いますが、おさらいの意味で
10個確認してみましょう。

GCを10種類に分類する場合、何を基準に考えるのでしょうか?
それは「移動平均線の方向」と「株価の位置」となります。

中・長期線がどの方向を向いているのか・GCが出来た時の株価の
位置はどうなのか?という観点で、GCを分類するわけです。


(1) 最強のGC

上向きに転じた長期戦を、中期線が下から上に突き抜ける。
その時の株価位置(足の位置)は、GCポイントより上に位置する。

(2) やや強いGC

長期戦は横ばいだが、中期線が下から上に突き抜け、株価位置も
GCより上に位置している。


(3) これ以外の形は「いんちきGC」だ〜!

・中期線も長期線も上向きだが、株価位置がGCより下に位置する
・横ばいの長期線を中期線が上抜けたが、株価位置がGCの下
・下向きの長期線を中期線が下から上抜けたが、株価がGC下
・株価位置はGCの上だが、長期線は下向きで中期線が下から
 上抜けている
・下向きの長期線を中期線が横ばい状態でクロスし、株価位置が
 GCの上にある
・         〃            、株価位置が下
・下向きの長期線を中期線が下向きで突き抜け、株価が上
・         〃          、株価が下にある


GC全てがいんちきというわけではなく、(1)や(2)のGCであれば
信憑性も高いと言っていいでしょう。

統計では、(1)の形では他のものより極端に株価の上昇率が
高く、また株価の上昇日数が長期間に及ぶそうです。
(1)では上昇率が約30%、(2)でも17%近い数字が実績として
確認されています。

あまり難しい分析の出来ない素人投資家は、せめてこの「(1)の
パターンのGCを見つけたときだけ買い出動する」ということを
徹底するだけでも、「失敗が少なくて、利益率の高い投資」が
できるようになるのではないでしょうか?

逆に、何となく買いたくなった時にその銘柄の移動平均線の方向と
株価位置を確認するだけでも、失敗を減らすことが出来るという
ことになるでしょう。

ち、ちなみに「るこちゃん力作!売買判別シート」でも、もちろん
この(1)(2)のGCを数値化して採用し、騙されないように工夫
しています。

「打診買い信号」はこの(1)(2)のGCが「2本の短期線」で形成
された段階で出る信号で、それが「買い信号」に発展するのは、
一目均衡表で3つの線を加味して「合格!」となった段階と
なっています。

これはまた将来お話ししましょう☆



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
       そろそろ空売り相場?

【3】  シリーズ? 「信用取引は、こうやろう!」
       お月様と株価は切っても切れない縁?
    
      
  HD不具合から配信が1日遅れまして、申し訳ございません。

        次号は、6月13日(月)発行予定です。
   
                                       よろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん      

     発行日 : 月4〜5回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 株式信用取引 るこちゃん『ka☆buログ』
                          http://rukochan.tea-nifty.com/

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めする
      ものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2005/05/30 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 05/30
2005/05/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 05/23
2005/05/16 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 05/16
2005/05/10 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 05/08
2005/04/25 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 04/25
                           バックナンバー一覧