信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 527号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2005/08/25 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 08/24




●●●●●●***************************
●◇●☆彡
●◇●☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   17-27号
●◇●☆彡                    
●●●●●●***************************


先日、知人が主催するゲーム会に参加してきた。
金持ち父さん...で広く知られている

       「キャッシュフローゲーム」

を初めてプレーしたのだ!
皆さんの中にも、遊んだ事ある人って結構いらっしゃるんじゃ
ないですかー?

一時は自分でそのゲームを買おうとも思ったが、よく考えて
みればプレーする相手が身近にいない事に気付き、何万も
払って買うのは止めた。

最近はこのゲームをやるために集まる会があちこちにあって、
そこでお金に対する考え方を学んでいる人が多い。
るこちゃんも早くゲームをやってみたいと思ってたけど、初めて
でルールも知らないとなると、なかなかゲーム会に飛び込む
事が出来なかった。
知人に誘われ続けて半年...ようやく挑戦することにしたのだ。

自分は投資家...いや、投機家?としてのマネーIQがあるのだ
ろうか?
凡人以下だったらどーしよう f^_^;
かなり不安だったのは確かだ。

でも回りのプレイヤーが親切にルールを教えてくれたお陰も
あって、無事「ラットレース」から抜ける事に成功♪
時間切れでアガることは出来なかったけど、とりあえずホッと
した。

最初にカードを引いてなった職業は「看護婦」だった。
看護婦さんは「忙しい割に月収が少ない」イメージだったので、
(友達に看護婦がいて、そう嘆いていた。夜勤?あ、宿直
だっけな?それをやらないと辛いって)
ちょっとテンションが下がったんだけど、プレーする上では全く
関係なかった。

それどころか、他の職業(トラック運転手とか、教師とか...)に
比べたら月収がよかったことを途中で知って、ちょっと安心
してみたり...お調子者。

プレイヤーのコマはどれもネズミの顔で、色は「勝利の赤」を
使わせてもらった。
るこちゃんは、ゴルフをする時のポロシャツも赤が多い。
ついでに、乗っているビストロちゃんも赤だ。

ラットレースって結構面白くて、お金を払って2回休まなくちゃ
ならないマスがあったり、めくるカードによってはある会社の
株を捨て値で好きなだけ、それも借金してまで買ってもいい
なんていうのがあったり、何気に買っておいた土地や建物が
すごい値段で(良い意味でも悪い意味でも)売れたり...。

あるマスは、一定の額を寄付すればサイコロを一度に2個
振って良いことになっていて、そうすると給料日がすぐに
回ってくるから(モノポリーみたいな給料をもらえるマスが
3箇所もある)ラッキーなんだけど、ある人はそこに3度も
止まっていっぱい給料もらってるのに、るこちゃんは1度も
そのマスに止まる事が無く、チマチマとコマを進めていた。

ちょっとだけ買ってみた株が分割をして倍になったあと、
20ドルも値上げして、その時点で売り飛ばし、資産を増やし
た後、それを元手に買った土地が高く売れて、手元には
現金がワンサカあったけど、不労所得を増やしていなかった
ので、慌ててビジネスを買ったりして不労所得が急増。

晴れてラットレースを抜けたのでした。
ラットレースの外の世界では、金銭感覚が今までとは桁違い
になっていて、買うビジネスとかも超高い。
でもそこでもらえる給料?というか所得も、断然増えている
ので、ファーストフード店のフランチャイズ権とかも簡単に
買えちゃう。

そういうのをバンバン買っちゃって、どんどん不労所得を
増やしていくのだ。

最終的には、不労所得を5万ドルにするか、自分のチーズを
食べる事が出来ればアガリ!
自分のチーズというのは、外の世界にある「叶えたい夢」の
マスを選び、そこに最初から自分のカラーのチーズを置いて
おき、見事ラットレースを抜けた後そのマスにぴたりと止まる
ことが出来れば、資産の額に関わらずゴールインなのだ。

その夢っていうのも色々あって、「大統領と食事をする」とか
「〇$※?(覚えてない...)に自分の名前を付ける」とか。
そんな中「世界中の名門コース?でゴルフをプレーする」
っていうのがあったから、一応ゴルファーの端くれとして
ここのマスに赤いチーズを置いた。

       世界の名門コースって...  どこ?(笑)

るこちゃんは、自分のチーズのマスの1個手前で止まって
しまい、外の世界ではサイコロを常に2個振るので、「1」
が出ることは絶対に無いわけで、自分のチーズを通過して
しまった。

そうこうしているうちに、楽しい時間が数時間過ぎ去り、
タイムオーバー。

       「も1回やろーよ!」

って言いたくなるくらい、楽しかった。
それはゲームが楽しかったのもあるけど、周りのプレーヤー
のお陰でそう感じた部分が大きかったんだと思った。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■委託保証金は50万円用意。
 但し、実際の売買は、委託保証金が30万円として建て玉する。

■セオリー通り、目一杯の建て玉を禁止するため、新規建て玉
 トータルで「60万円前後まで」とした。
 (レバレッジ2倍程度ということですね)

■基本的に「るこちゃん力作!売買判別シート」でシグナルが
 反転する、又は反転の兆しが見えるまでは手仕舞いしない。

■委託保証金が最低ラインのため、ロスカットは早めに。



玉のその後...(。。)ヾ


▽ 中国工業(5974)

   8月9日(火) 新規買建て 2千株 307円

   8月24日(水) 終値 313円

 思えば随分下がったもんだ。
 もうすっかり、買った当初の勢いは無い。
 あとはプラスのうちに手仕舞うしかない。
 なんだかんだ言っても、中期投資なんか理想論?



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● カラ売り 勝利の十則
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「カラ売り 勝利の十則」   三木 彰 著  同友館
 

このところの上昇で、売り向かうということがまったく無い状態
なんだけど、やっぱり「カラ売り」の利益に魅力を感じている
るこちゃんである。

確か春から梅雨に掛けては、アナリストの間で「12,000円に
届くか届かない辺りから、8月9月に向けて調整入りする」
なんて話しを多く聞いた(気がする)んだけど。

だから「お〜、いよいよ売り向かうチャンス到来?♪」なんて
期待していたり...。

12,000円前後で先走って売り向かわなくてよかったねー。
ま、るこちゃん力作!売買判別シートでも「無敵の売り
信号」が出ている銘柄がかなり少なかったし、出ていても
もうかなり前から下げ続けている銘柄だったから、そんな
弱い地合いとも見えなかったしねー。

さて、著者はカラ売りに関する本を
●カラ売り入門
●カラ売りの実践
●カラ売りと信用取引

と、数多く出版されている方である。
以前このコーナーでも「カラ売りの実践」を紹介&解説
させていただいた。

今回の本は、下降トレンドにある中でのカラ売りではなく、
最近のような上昇相場の押し目や調整に合わせた考え
方を盛り込んでいる。

このところの株価上昇で、るこちゃん的にも「おや?」
って思うことがあるんだけど、それは「株価上昇中
(上昇トレンドを描いている最中)なのに、日に日に
売り残が増えていく&信用倍率が1以下になって
いる」銘柄がかなり見られるという事だ。

信用倍率が0.2とか0.3なんていう銘柄も珍しくない。
でもそういう銘柄に限って、必ずしも「下落を暗示して
いる」わけではないのだ。

ということは、売り向かっている投資家は単なる値ごろ感
か、過去の高値にこだわって先回りしてカラ売りしたつもり
なのかもしれない。

しかし、株価はそうしたカラ売り投資家の「新規売り」を
完全に消化しつつ、じわじわと上がっているではないか。
先日なんか、逆日歩が満額(50円)ついている銘柄が
あった。
冗談で「新規買い1万株」しようかと思ったくらいだ。
逆日歩だけでも50万円転がり込む!

例えば、そーねー...
ジワジワ上がっているわけではないけれど、信用倍率が
低いと言う点で、明治製菓(2202)を見ていただきたい。

先週金曜日の時点で、信用倍率=0.32。

ではチャートはどういう形かと言うと、日足で見れば、
7月中旬と8月頭で2番天井を形成しているように見える。
その後再度持ち直すが、高値を抜けずに日々ダラダラと
下落。

560円どころで踏ん張ってはいるものの、いつ落ちても
オカシくない状況であると見えるだろう。

じゃー、一目均衡表をチラッと見てみると、今踏ん張って
いるすぐ下に厚い雲が横たわっている。
転換線も下向きだし、「(カラ)売りたい投資家」としては、
560円台で売り向かっておきたい気持ちにもなるだろう。

でも...もしこの雲に「支持」されて、株価が反転し始め
たら、どうなるのか...?

560円辺りで空売りを仕掛けた投資家は、その時点で
早速「評価損」を抱えることになる。
それより高い値で売り向かった投資家も、雲を下抜け
なかったとなれば、急いで少しでも安いうちに手仕舞い
しようと、買戻しに走るかもしれない。

いやいや、「ちょっとしたリバウンドさ!」と、呑気に構える
売り方だって当然いるだろう。

では、買い方はどうなのか...。
どうやら570円ちょっとから562円あたりで買った投資家
が多いように見られる。

となると、これは現物買いなのか信用買いなのかという
内訳は分からないが、562円辺りから雲を支持線として
上昇してくれば、ヤレヤレと売ってくる買い方もいるハズ。

決して上値が軽い訳ではないけれど、忘れてはならない
のは、「売り方の方が、買い方の3倍近くいる」ということ。
それは、将来株を売ってくるより買ってくる人の方が多い
ということだ。

これに現物が加われば、単純にはいかないが、もし以前
高く買った投資家が、利益が出るあたりまで売らないで
頑張って、売り方の買戻し注文の方が多くなったら、
簡単に踏み上げられることになるかもしれない。

今、明治製菓はその境界線?...
どちらとも言いがたい状況にあるように感じる。
それでも昨日、かなりの「カラ売り」が増えた。

この銘柄は、1千株単位で約定していることが殆んどで、
大口投資家や機関投資家がドバっと買ったり売ったり
している様子はない。

チビチビ2〜3分置きに1千株約定すると言う感じ。

ここに1万株単位で注文が入り始めたとき、どちらかに
大きく動く可能性が高い。

ま、これは一例であるが、この本ではこういう「上昇途中」
にある銘柄のカラ売りについて、危険な事やポイントを
解説している。

明治製菓はどっちに転がるのか、面白そうだから
しばらく観察してみることにするけど、こういった上昇途中
で且つはっきりとした下落を確認出来ないうちに信用
倍率がかなり低くなっている銘柄がかなりある。

そういう状況だからこそ、売り方が増え続けて、倍率が
下がるということなんだけど...。

この本の中でもそういうカラ売りは気をつけるように注意
しているが、明治製菓の話しが長くなっちゃったので、
次号でもう少し内容に触れながら、るこちゃんの感想を
交えて紹介したいと思います。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
       そろそろ外人が売ってくる?

【3】  こんな本読みました
       「カラ売り 勝利の十則」 続編
       

        次号は、9月2日(金)発行予定です。
   
                                       よろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん       

     発行日 : 月4〜5回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 株式信用取引 るこちゃん『ka☆buログ』
                          http://rukochan.tea-nifty.com/

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式取引・信用取引」をお勧めする
      ものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2005/08/15 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   08/15
2005/08/04 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 08/03
2005/07/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引
2005/07/13 るこちゃん実践 どっきどき信用取引
2005/07/04 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 07/04
                           バックナンバー一覧