信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 530号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2005/09/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/22




●●●●●●***************************
●◇●☆彡
●◇●☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   17-30号
●◇●☆彡                    
●●●●●●***************************


     ここはマダガスカル島か? アマゾンか...?


なんでも、今日本で流行っているのが

    「飼えなくなった爬虫類を自然に帰してあげる」

という、動物愛護団体からは誉められそうだけど、実は大問題?
が最近多発しているようじゃないですか〜。

るこちゃんのお膝元新宿区ではニシキヘビが逃げ出す騒動が
起きるし、浦和だっけ?同じ種類の蛇が駅の構内で箱に入って
置いてあるって言うし。

          なにそれ?

第一、蛇は散歩なんて必要ないんだってよ〜。
散歩したかったのは、居眠りこいてたバカな飼い主の方でしょ?
首輪できるわけじゃないし、目を離したらいなくなるに決まってる
じゃん...。

それに琵琶湖には今、ピラニアがいるっていうからね〜。
おちおちウィンドサーフィンも出来ません...(;;)
あ、琵琶湖ってあの手作り飛行機を飛ばす競技の会場じゃ
なかったっけ?
この間TVでやってたよね。
落ちるとき、怖くなかったかなぁ。

先日網に引っかかった1匹だけしかいないなら安心だけど、でも
そんな魚を飼っていた変人だって、「たった1匹しか飼ってなかった」
とは考えにくいから、これからも琵琶湖に捨てに来るかもしれないし
本当は他に数匹泳いでいるかもしれないよね。

蛇と言えば、だいぶ前にもすっごい大蛇...それも黄色くて不気味
なやつ...が、どっかの大きなゴミ箱に捨ててあって、大騒ぎに
なった。

三匹の子豚は、ちゃんと飼い主が引き取りに来たから、まだマシ
だけど、神奈川県の川でお巡りさんに捕獲されたワニなんかは
絶対に飼い主は現れないと思うな!

今年はムシキングのお陰で「昆虫ブーム」だったわけだけど、
そんな風にバーチャルなゲームと区別出来ない親子に買われて
いったお高いカブト虫たちは、今頃どうしているのか心配です。

これもそこで死んじゃってくれるならまだいいけど、飛んでいって
しまったり放してしまったりして、昆虫の世界も生態系がメチャ
クチャになったら大変!

外国のカブト虫とかはかなりツワモノ揃いってTVでやってたもん。
日本の、ちょっとボーっとした?カブト虫なんか、やられちゃう
らしいじゃん。

それに日本にはいないはずの昆虫もかなり入ってきたみたいだし。

そのうち、この近くの川でもアナコンダとかイグアナ(これは海か...)
とか変なカエルとかいたらどうしよう...。

昔ホラ、エリマキトカゲが流行ったよねー。
あんな気持ち悪いの、どこがいいんだろう?って思っていたけど。
あとウーパールーパーとか...。
あのバカ丸出し?の顔を見ていると、ムッとしてくるのはるこちゃん
だけか...?

ニモで有名になったカクレクマノミの乱獲も問題になったね。
沖縄のサンゴごとごっそり捕獲していっちゃうっていう、荒い手口。

        まったく、人間って... 何様?

             ん?   人間様 か ...。

勝手で一時的な欲求を満たすために、何でもアリ状態を続けて
いる人間に、アッと驚くような環境の変化が起こるかもしれない。

現に、地球をいじめ続けていた仕返しに、毎年巨大台風が襲って
来る。
今後やってくる台風の規模が、年々小さくなっていくとは考えにくい。

アメリカだって、あんたたちを襲っているハリケーンの原因をよく
考えてごらんよ!

今朝のTVで、某コメンテーターが言ってたよ...

 「案外、カトリーナとかリタみたいな大型ハリケーンで被害を
  受けているアメリカに対して、心のどこかでは"ざまーみろ"
  って思っている人が多いんじゃないですか?
  あそこだけですから...京都議定書に反対しているのは!」

ってね。

うわー、ハッキリ言うな〜...って思ったけど、るこちゃんも同感。
ざまーみろとは言わないけど、自業自得くらいには思っている。
地球上の人間すべての責任で、アメリカ人だけが悪いのじゃない
けれど、「環境を重視した企業に投資している外国人投資家」
というのが =アメリカ人 なのであれば、自国の政策・立場を
もう少し反省&考え直す必要があるのではないだろうか?

そして、熱しやすく覚めやすい日本人の、変なペットブーム...
動植物の輸入規制が甘くて穴だらけすぎるのではないだろうか?

飼い主の辞書には、「モラル」という文字はないらしい。

  自分のお金で買った爬虫類をどうしようが勝手じゃん!


ということか?
何でも「自由」が横行する今だし、何が起きても他人事モードだ。

ならば、いっそ規則で締め付けるしかないのではないだろうか?
どうせ、かいくぐられちゃうだろうけど...。

それとも、琵琶湖でピラニアに食われたら、それすら
  「そんなところで泳いでいるヤツが悪い。
                                      自己責任よねー」

...で、片付けられてしまうのだろうか?

                        コワっ!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■委託保証金は50万円用意。
 但し、実際の売買は、委託保証金が30万円として建て玉する。

■セオリー通り、目一杯の建て玉を禁止するため、新規建て玉
 トータルで「60万円前後まで」とした。
 (レバレッジ2倍程度ということですね)

■基本的に「るこちゃん力作!売買判別シート」でシグナルが
 反転する、又は反転の兆しが見えるまでは手仕舞いしない。

■委託保証金が最低ラインのため、ロスカットは早めに。



玉のその後...(。。)ヾ


▽ 東理HD(東2・5856)

    9月9日(金) 新規買い建て 5千株 74円

    9月21日(水) 100円(3千)と97円(2千)で
             売り返済。
             + 122,732円



 中間配当のある銘柄は、9月26日中に手仕舞い
 させられてしまうので(カブドットコムの場合)、
 今週は新規エントリーを見送り。

 でも欲しいのは色々あった。

 例) 古河機(5715)・ダイワボウ(3107)
    トーヨーカネツ(6396)・FDK(6955)
    藤和不(8834)・不動建(1813)
    飛鳥建(1805) ... 等


 今週から調整入りするかもという姿勢でいるので、
 連休明けも伸びが怪しいようであれば、不動産・
 建築関連銘柄を外すか、売りを待つ構え。
 または意味不明の暴騰地銀を売りに走るか...?

 調整入りしなさそうだったら、上記またはその近辺
 を買い向かい。


 そうそう、売り残が膨らんでいた明治菓(2202)も
 とうとう値上がり。
 買い方が投げるような状況にないのに株価だけで
 空売りしてもダメである...という、いい例となった。
 550円台のうちに売りポジションをたたんだ人は、
 おりこうである。
 まー、こういった売り方がポジションをたたみ
 はじめたから株価が上がったとも言える...?

 それにしても、洋エンジ...
 せっかく400円台からずっとチェックしていたのに、
 ボーっとしていて買いそびれました。
 あれだけ持っていれば、何も問題ない状況だった
 ハズなのにな〜、トホホ。
    
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● ギャン理論と信用取引
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  〔新版〕 ギャン理論    青柳孝直=総合法令出版


ギャンのテクニカル理論という章があるんだけど、やっぱり
最初に出てくるのは「テクニカルに関するルール」というもの。
どんな投資理論でも、最後には「ルールを守る」ということに
たどり着くという事なのでしょうか?

28カ条のルールから、ビビッと来たものを紹介しましょう。

■ポジションに利が乗った場合、ストップロスのレベルを
  変更する事

■トレンドに逆らってはならないこと
  (明確なトレンドを示していない場合は、売買をしては
   ならないこと)

■迷ったら手仕舞うこと

■余剰資金は蓄えておくこと。利益が出た場合は、別勘定
  としてキープする事

   これ、超肝心ね。
   利益が出て、それを委託保証金に組み入れてしまうと、
   売買が自然に増えることになるでしょー。
   そうすると当然「損をする機会も増える」ということで、
   あまり素人には薦めません。

   これやっちゃうと、「資産がなかなか増えない」という
   のが現実なんです。
   ま、無敵のトレーダーなら論外だけど...。

■待つ事も売買の中での重要なファクターであることを
  認識する事

■過剰に頻繁な売買の厳禁

   アハハ、反省...(;;)

■相場の天井・底に関して、勝手な憶測はしないこと



<銘柄の選択>

高値(&安値)が切り上がり、長期に及んだ価格抵抗帯を
超えてきて、長い時間軸でみた大底または価格抵抗帯を
突き抜けてきたのかどうか...

を、銘柄選択時に確認すべきであるということです。

 『いかなる銘柄も、大量の建て玉を吸収するには
  それなりの時間がかかるということは言うまでも
  ありません。
  買い・売りが一巡し、供給が吸収され、需要が
  満たされれば、トレンドが変換するということです』

トレンドの変換...現物株と違って「塩漬け不可・時間も敵」
となる信用取引では、確実にトレンド(またはその変換)を
捕らえて、それに沿ったエントリーを心がけなくてはいけ
ないわけなんだけど、そのトレンドを「価格抵抗帯と時間」
で捕らえるようにするべきである...というのが、最初の
教えっていう感じです。

ここでいう「価格抵抗帯」というのは、

 出来高が多い価格帯が"支持"や"抵抗"として機能
 する...と考え、現在の価格が出来高の多い価格帯
 よりも若干上に位置している場合は、その出来高の
 多い価格帯が「支持帯」として機能し、価格が上昇
 しやすいと考える...というものです。
 "抵抗"の場合はその逆。


<価格抵抗ポイント>

抵抗帯とは別に、どの銘柄にも価格抵抗ポイントという
ものが、天井と底の厳密な数理上の比率として表れる
と説いています。

中でも重要な比率は、8分の1、4分の1、3分の1、
8分の3、2分の1、4分の3、8分の7、そして100%を
意味する1だそうです。(上昇局面の場合)

黄金分割の0.618とか0.382とかいう数字も、このポイントに
近いという事になるでしょうか...。

特に約定最安値の1.5倍のポイントは、高値・安値の
大きなポイントとなります。

次が175%、200%(2倍)です。

逆に天井価格から下落する時の、底値を推定する比率は
2分の1(これって半値押しかな?)、4分の3、100%と
なるそうです。

頭に入れておかなくてはならないのが、時間の経過です。
時間が均衡を失い、トレンドが変換したとすれば、「時間の
経過」がこれらの比率よりも重要なものになると、説明
されています。

これらが解説されているページには、簡単なトレンドを
表す図が描かれていて、これはるこちゃん的レベルの
投資家にでも十分理解可能で、お役立ちです。

他でエリオット波動や一目均衡表などを勉強していたと
しても、新たな発見があるのではないかと思います。

次号では、重要とされている「時間の経過」について
少し触れて、この著書を元にしたギャン理論の紹介を
終わりにしたいと思います。

え?ダメ?
だって〜、キリがないし(笑)。
マガジンじゃ、図がかけないから、興味があったら絶対に
この本を直に読んだほうがいいよぉ (^O^)/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
       「今更」買える銘柄を見つけられるのか?

【3】  ギャン理論と信用取引
       時間を制するものは、相場を制す?


     中間配当権利落ちのせいで?26日まで新規
     エントリーを見送らなくてはならないので、
     次号発行日を10月4日(火)とさせていただきます。
   
                                       よろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん      

     発行日 : 月3〜4回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 株式信用取引 るこちゃん『ka☆buログ』
                          http://rukochan.tea-nifty.com/

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式売買・信用取引」をお勧めする
      ためのものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2005/09/12 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/12
2005/09/02 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/02
2005/08/25 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 08/24
2005/08/15 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   08/15
2005/08/04 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 08/03
                           バックナンバー一覧