信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 531号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2005/10/05 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/04



●●●●●●***************************
●◇●☆彡
●◇●☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   17-31号
●◇●☆彡                    
●●●●●●***************************


最近はご無沙汰だったのですが、先日週刊誌のライターさん
から再び取材の申込があり、新宿で会って来ました。

月刊誌とか専門書とかは、原稿の締め切りにも余裕があるし
ちゃんと事前に原稿をチェックさせてくれるのですが、こと
週刊誌となると、単にアバウトなのか?締め切りに間に合わ
ないだけなのか、ほとんどがチェックする間もなく、勝手に
刷られています(笑)。

きっとそのせいで訴訟とかが起こるんだろうなーって感じ。

そんなこと言ったとか、言わないとか...(;;)


で、前回週刊誌にコメントが載ったときの話ですが...

取材の申込があった時は、
 「ネット証券会社の使い勝手についてお願いしたい」
という話だったので、使っていない証券会社のことも多少
リサーチしてから出向かないと、ガッカリされちゃうかな〜
なんて身構えていました。

ところが実際会って喫茶店に入り、飲み物をチューチュー
しながら話し込んでいるうちに、取材の主旨がだんだん変化
していくじゃーありませんか!

ライターさんが持参した、各ネット証券会社の業績一覧表を
見ながら話してたら、唯一減収減益?になっていたM証券
に話しが集中。

そのうち、その会社の社長が濃い〜(^O^)だの、変人だの、
「そんなんじゃ生き残れないよねー」なんて、おせっかいにも
経営方針にケチをつけたりして、大盛り上がりに。

別に悪口大会になったわけじゃないんだけど、他の証券会社
がほとんど増益になっているのを見て、「M証券の何が悪い
のか!」みたいな話に偏っていったのでした。

だってー、ライターさんがそういう風な質問をしてくるんだもん。
仕方ないよ〜。
意見を求められたから、答えただけでさぁ。
るこちゃんがそう仕向けたんじゃないんだから。

で、とうとう「ネット証券会社の比較」から、「M証券はどう
なるのか?」みたいな内容に勝手に方向変換!

ライターさんもそっちの方が面白いみたいになって、一人で
盛り上がっていた。
おいおい、くれぐれもるこちゃんが悪口言っているんじゃない
からねー。
ま、確かにその証券会社を使う予定はない...とは言ったけど。

出来上がった本が送られてきて、ドキドキしながら自分の
名前の出ているコメントを探したら、やっぱり?手数料の
ことでM証券にケチをつけている内容に...。

      あちゃ〜〜〜 (^O^)///

いやいや?カブドットと付き合っているるこちゃんとしては、
偉そうな事は言えないんだけどな〜ぁ、アハハ。

あ、でも
「乗り換えるとしたらどの証券会社を選びますか?」
って質問には、キッパリ
「イー・トレードかな!」  って答えちゃいました。
実際はそれもなんか非現実的なんだけどねー。

こんな風に、週刊誌は一応記事の方向は決まっている
ものの、タイムリーにテーマが変わったりすることがある
わけです。

そして今回...
これは今週発売になると思うんだけど、やっぱり最初に
申込があった時は、
「初心者投資家は、どうやって銘柄を選んだらいいのか?」
という話を聞きたいって言ってたのに、フタを開けたら
「Mファンドの株を買うっていうのはどうでしょうか?」って
いうから、ちょっとドッキリ。

んー、まさしく今世間を騒がせているしなぁ。
さすが有名週刊誌。
そこに目を付けたか...。

Mファンドが買い上げてる銘柄を個人投資家が真似して
あとから買い向かったらどうなるか?みたいな話が進んで
いるうちに、ライターさんの携帯に電話がひっきりなしに
かかってきて、その度に話しが中断。

まー、こういうお仕事の人は時間が命だし、仕方ないよね
って思っていたら、どうも同じ内容を手分けして取材している
仲間からの緊急電話らしくて、
「Mファンドがやばいかもしれないという話があって、
 この内容で進めていいのか微妙な状態になった」
って言い出した。

おいおい、せっかく今記事を書いても、丸ごと差し替えに
なる可能性があるってこと?
別にるこちゃんは、ジュースおごってもらったし、取材が
パーになろうとお構いなしなんだけど、明日が締め切り
って言ってなかったっけ?

Mファンドがマズイなら、名誉挽回にM証券を誉めちぎる
内容にでもしておく〜?(笑)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■委託保証金は50万円用意。
 但し、実際の売買は、委託保証金が30万円として建て玉する。

■セオリー通り、目一杯の建て玉を禁止するため、新規建て玉
 トータルで「60万円前後まで」とした。
 (レバレッジ2倍程度ということですね)

■基本的に「るこちゃん力作!売買判別シート」でシグナルが
 反転する、又は反転の兆しが見えるまでは手仕舞いしない。

■委託保証金が最低ラインのため、ロスカットは早めに。



新規エントリー ...(。。)ヾ


▽ 古河機(5715)

    9月27日(火) 新規買い建て 2千株 234円

    10月4日(火) 終値 241円

  せっかく買ってから上がっていたのに、だいぶ
  落ちてきちゃった状態。
  この手の低位株の相場は終わった感じ。
  適当なところで手仕舞いしなくちゃ...。


先月までのターゲットが使えない状態になっています。
今週からかなりの銘柄を入れ替えて、今からまだ買える
銘柄を探しているところですが、新規にターゲット入り
した銘柄は、下記のとおりです。

国産電(6992)、蛇の目(6445)、東和メクス(東2・6775)
中外鉱(1491)、東洋糖(2107)、洋シャタ(5936)
チタン工(4098)、技研興(9764)、日マタイ(8042)
TYK(5363)、日カーボン(5302)、日本コン(5269)
東芝セラミ(5213)、日産ディ(7210)、富通ゼネ(6755)
東光(6801)、プリヴェ(東2・6720)、明電舎(6508)
菱線工(5804)、アツギ(3529)、岩崎通(6704)
金門製(7724)、三洋電(6764)、トキメック(7721)
紀州紙(3882)

あと他に十数名柄、継続してターゲットとして
残っているものもあります。

このコーナーの委託保証金レベルで買える株価の
銘柄しかターゲットとしていないので、こんな感じに
なりました。

すでに「無敵の買い信号」が出てしまっているのも
あるので、買い向かうには株価の位置を見極め
ないと!
古河機みたいに息が短いようでは、失格だ〜。

普段から、機関投資家みたいに5〜600銘柄を観察
するくらいじゃないとダメなのかな...。
あ、でも機関投資家ともあろうお方たちが、たった?
5〜600銘柄しかチェックしていないっていうのも
逆に驚いたけど...。

その位しないと、いつまでたっても

 「早い段階で変化を捉えて、あとは手仕舞いの
  タイミングを決めるだけ」

という、無敵の投機家には、なれないよなー...(;;)

    
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● ギャン理論と信用取引
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  〔新版〕 ギャン理論    青柳孝直=総合法令出版


時間を制するものは、相場を制する?のかな...。
なんかこれ、実に信なり!って感じがして、「時間」のナゾ
みたいなことをもっと追求したくなっているるこちゃんであるが、
そんなことなかなか大変。
それに誰かが教えてくれるわけでもないし。

で、ギャン理論の本を読んでいるんだけど、文章を読んで
いても、元がバカだから核心に迫っているのか、ヒントを
与えられただけなのか、理解度がかなり微妙...。

この頃は、一目均衡表を見るときも、「いつごろ変化する
のか?」に絞って読むようにしているんだけど、その基準?
が自分の中に確立出来ていないから、結局自分で考えた
ものなんて、ただの「想像」の域を超えられない。

今作っている「売買判別シート」に、もしこの「時間的変化」
が加われば、それこそ「超無敵」になるんだと思うけど、
それにはまだまだ勉強が足りないな〜。

特に信用取引では、時間(日数)も敵になるわけだから
(日歩や逆日歩、貸株料などのコストの面で)、エントリー
してから無駄な日数を過ごすのは、当然極力避けたいと
いうことになる。
これは現物株にはない悩み?だ。

買い向かってから、「結果的に儲かるのは、1ヶ月先でも
3ヶ月先でも、まーいいや!」っていう、ある意味お気楽な
現物株売買とは違って、今日買ったら明日も上がるつもり
の銘柄、もしくは今日売ったら明日も下落を続けるつもり
の銘柄を、自分なりのタイミングでエントリーしなくては
ならないのだ。

なんとなく上昇トレンドみたいだから...とか、明日も上がる
といいな〜...みたいなアバウトさは排除しなくてはならない。
いや、そんな切羽詰ったこと考えているのは、るこちゃん
だけかも。
実際問題、上記コーナーで多少なりとも利益を出さなくては
ならないっていうのもあるしね〜(笑)。

で、その大事な時間なんだけど、この著書の中では、
それぞれ「買い」と「売り」についても時間の経過に重点を
置いて解説している。

ここでは図が書けないので、これを読んだだけでは理解
しにくいと思うけど、一応ちょこっと紹介しましょう。


<買いを入れるポイント> 9の内4つ紹介

●大底から立ち上がり、その一連の下落波動で戻りに
 要した最長の時間を過ぎた時

●立ち上がりの際の時間の経過が、大底を打つ前に
 形成した最後の戻りに要した時間を越えた場合

●二点底(ダブルボトム)と三点底(トリプルボトム)を
 形成した時

●底値が一番目、二番目、三番目と順次切りあがって
 いく時

と謳っている。

下の2つはポピュラーだからここで言われるまでもない
のだけど、上2つの「時間の経過」については、初めて
知った理論だった。

過去の戻りに要した時間を、底からの上昇時間が超えた
ら、初めて「買ってもいい」という判断をするんだー。
ふ〜〜〜ん...


<売りを入れるポイント> 11の内4つ紹介

●最初の下落が、前回の上昇波動で最も大きな押し目
 の値幅を上回ったところ。または大天井を形成する
 直前の最後の押し目の値幅を上回ったところ

●下落の第一波の時間の経過が上昇相場の大天井を
 つける前に形成した最後の押し目に要した時間を
 過ぎた時

●二点天井(ダブルトップ)、三点天井(トリプルトップ)
 を形成した場合

●2回目・3回目の各天井が形成する振幅の安値を
 下に抜けたところ


  『トレンドの大きな転換を迎えるにも、天井や底に
   到達するのも、時間の経過が必要になることを
   前提として、相場に対処しなければなりません』


まだまだこの著書のなかで、ギャンの時間に対する
理論はたくさん語られています。

でもいい加減飽きた(え?皆さんが飽きたかな〜って)
ので、また別の機会にるこちゃんももうちょっと勉強して
からこの時間論については、お話しすることにしましょう。

あと3回くらい本を読み返さなくちゃなー...トホホ。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
       自分のターゲットは使えなくなった!

【3】  「無敵の買い信号」発生銘柄 一部公開...?


     今まで観察していたターゲットが気に入りません。
     「じゃー、信用取引なんだから、売ればいいじゃん」
     ってことになるのか? いやいや...
     カラ売りなんか、もっと厳密に「売り信号」が出ない
     とエントリー出来ないし。

     テーマも微妙に入れ替わっているため、今週から
     新規ターゲット入り銘柄の観察&分析に入ります。

     イイモノについては早々にエントリー予定ですが、
     次号では「無敵の買い信号」発生銘柄をご紹介
     する予定ですので、ちょっとお時間をいただき
     たいと思いますぅ。

     次号発行日は、10月14日(金)とさせていただきます。
   
                                       よろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん       

     発行日 : 月3〜4回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 株式信用取引 るこちゃん『ka☆buログ』
                          http://rukochan.tea-nifty.com/

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式売買・信用取引」をお勧めする
      ためのものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2005/09/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/22
2005/09/12 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/12
2005/09/02 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 09/02
2005/08/25 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 08/24
2005/08/15 るこちゃん実践 どっきどき信用取引   08/15
                           バックナンバー一覧