信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 1803号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2006/01/23 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 01/23




●●●●●●***************************
●◇●☆彡
●◇●☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   1803号
●◇●☆彡                    
●●●●●●***************************


またまた、信用取引が「ワルモノ」ですか...。
困ったものです。

膨らみ続けた買い残が影響しているのは、確かに否定
出来ませんが...いわゆる「ライブドアショック」の暴落は...。

でも、「信用取引」が悪いのではありません!

 「あんな会社の株を担保に、信用をやる」のがいけない!

のです。
だから言ったじゃん...

    代用を使うときは気をつけてねって...!

特に新興市場銘柄やIT銘柄はさー。
倒産リスクが大きいか小さいかは別としても、代用にはふさわ
しくないんだよね。
「担保」にするには、株価変動リスクが大きすぎる。

るこちゃん本を読んでないから、大泣きするハメになるんだよ。
...あ、それは違うか...。

新興市場銘柄が悪いというわけじゃなくて、前々から「分割で
悪さをしている」という噂で一部の市場関係者(個人投資家を
含めて)から敬遠されていた「4753」でしょ〜。

先日TVでこれを代用にして信用やっているネットトレーダーが
インタビュー受ける中で、泣き言を言っていたけど...。
るこちゃん的には、冷ややかな目でそれを見ていました。

いきなり「4753」の掛け目を「ゼロ」にした(=信用取引の
担保としての価値をゼロにしたということ)マネックス証券も
すごい(...というか、どーなの?というか)と思うけど、今日から
岩井証券もこれの掛け目をゼロにしましたね。
関連会社も、掛け目を40%に落とされたとか...。

今日の下落は、その影響も多少あったと思います。
だから、先週から「23日は、また大きく下がる」と思っていた
ので、当然買い向かうなんてあり得ない。

じゃー、カラ売りしたのかというと、その影響がどの程度の
範囲で出るのかまったく想像がつかないので、売ってもいい
んだろうけど売れない...という、ちょっと弱気とも取れる心境で、
結局「蚊帳の外」を決め込む結果に。

分割で悪さをしていると噂されるのは「4753」だけではない。
今日「9984」も大きく値を下げたようだけど、同様に「4689」
「4755」への投資は絶対に避けるべき!なんていうコメントが
Quickで流れてしまう始末...。

まさかと思うけど、これらを代用にしている信用トレーダーは
早いところ予防線を張るべき。
といっても、これらが「掛け目ゼロになる」というのではない。
いや、もしかしたらこれらを代用にしている信用トレーダーは
もう追証を喰らっているのではないだろうか...?

「9984」や「4689」は、過去にも大掛かりな分割で、それを
代用にしている個人投資家に大打撃を与えてきたという経緯
がある。

前々号でお話した「株式分割の新株効力発生日等の変更」
などは、「分割で悪さを出来ないようにするための措置」である。
分割を繰り返す企業が全部怪しいと言うのではないが、1対5
以上の分割が出来ないようにする?というように、分割に制限
を加えるということは、「そういうことがある(あった)」証拠だ。

そうでなければ、企業の成長を示す&市場での株式の流動
性に(いい?)影響を与える分割を、わざわざ制限するハズが
ないのだ。

とうとうカブドットコム証券では、ご親切にも?「追証の回避
方法」を画面上で指南する始末。

きっとこの手の問い合わせが殺到しているのだろう。
今日本中の個人投資家は、信用トレーダーじゃなくても、
ご飯がのどを通らず、眠れず、仕事が手につかず、イライラが
つのり、半狂乱になりそうな状態かもしれない。

それはまさに、るこちゃんが過去に追証を喰らったときと、
同じ状況&心境だ。
皆には、そうなって欲しくないからあの本を書いたのに...。
あんまり力になれなかったのかな〜 (;;)

でも、「やっちゃいけないと言われたことを、ちゃんとやらな
かった」賢いマガジン読者の皆は、るこちゃんと同じように
上手に「蚊帳の外」状態でいるか、もっと賢く短期カラ売りで
日銭を稼いでいるのではないでしょうか...。

     そう願いたいものです... (^O^)/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■委託保証金は50万円用意。
 但し、実際の売買は、委託保証金が30万円として建て玉する。

■セオリー通り、目一杯の建て玉を禁止するため、新規建て玉
 トータルで「60万円前後まで」とした。
 (レバレッジ2倍程度ということですね)

■基本的に「るこちゃん力作!売買判別シート」でシグナルが
 反転する、又は反転の兆しが見えるまでは手仕舞いしない。

■委託保証金が最低ラインのため、ロスカットは早めに。



玉のその後 (^O^);


▽ 三菱紙 (3864)

  12月26日(月) 新規買い 千株 277円

  1月20日(金) 手仕舞い 251円

              - 26,808円

 ありゃりゃ〜のロスカット。
 ちょっと持ちすぎ...。
 16日に手仕舞いすればよかったんだけど、
 19日に多少戻ったのを見て限界を感じ、
 20日寄り付きで手仕舞い。


 これで、建て玉は2つに減った。
 (生活費捻出用建て玉。現在多少の含み損)

 玉が無ければ、損はなし?



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「追加保証金」の状態を解消する方法 〜by kabu.com〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


カブドットコム証券では、下記のように「追証を解消する
方法」として、その手段をわざわざネット上で公開しました。
「追証喰らいそうなヤツは、いちいち問い合わせなんか
してこないで、教えてやるからこうやって自分で切り抜け
といてね〜」っていう感じでしょうか?

ま、こうやって教えてくれるだけ、マシかもしれません。
るこちゃんが喰らった頃は、こんな「親切」?はありません
でしたから...。

そこで、今号は予定を変更し、この手段についてサクッと
解説しておくことにしました。
(るこちゃん本をお読みの方は、もう十分ご理解いただ
けていると思いますが、お付き合い下さい)

え?追証なんか喰らってない?

...ですよねー (^O^)v


※以下の文章は、カブドットコム証券のHPから引用した
 ものです。
 る=るこちゃんのコメントです。

===========================

信用取引において保証金維持率が30%を下回った場合、
33%(委託保証金率)まで回復するよう追加保証金を差し
入れていただきます。
このいわゆる「追証(おいしょう)」の状態を解消するには、
以下の3つの方法のいずれか(または組み合わせて)を
追証の差入期限までに行い、保証金維持率を33%以上に
回復させてください。

【1】追証金額以上を入金してください。

 る=これは一番単純な方法で、金を入れれば解消され
   るというもの


【2】保証金維持率が33 %以上に回復するまで建玉を返済
  してください。

 る=ポジションを解消(建て玉を手仕舞い)して、維持率
   を回復するというやり方。
   その際の損失は、受渡日までに別途入金するか、
   委託保証金の中から支払えばよい。
   あまり損失が大きい場合、委託保証金現金から
   この損失分を持っていかれると、大して維持率が
   戻らない場合も...。


【3】追証金額以上の保護預かり証券を代用有価証券として
  保証金に振り替えてください。
  (保証金換算率[代用掛目]は前営業日の最終価格
  (気配)の80%)

 る=他にも現物株を保有している場合、まだ代用に
   していない(保護預かりにしている)現物株を代用
   にする処理を、画面上で行えば、瞬時に追証から
   開放される。


<ご注意>
※追証発生後、株価の変動により保証金維持率が33%を
 上回っても追証の解消とはなりません。
 上記【1】〜【3】いずれかにより解消する必要があります。

 る=今日追証が発生して、明日株価が戻って維持率が
   上がったとしても、一旦最低委託保証金維持率を
   下回ると追証を入れなければならない。
   (追証から開放されたことにはならない)


※追証は入金後、必ず保証金に振り替えてください。

 る=「追証」は、現金を担保として入金したときと同様、
    入れただけでは委託保証金にはならないので、
    画面上で「委託保証金に振り替える」処理を行わな
    ければなりません。
    ただ入金しただけでは、手仕舞いした建て玉に
    損失があった場合、その入金額が「追証」ではなく
    「差損」として取られてしまい、維持率回復になんら
    効果が現れないケースがあります。

    るこちゃんも以前、「追証」のつもりで入れたお金が、
    同時に手仕舞いした建て玉の差損として先に拘束
    されてしまい(受渡日前)、入れたのに追証から開放
    されない!と証券会社に何度も問い合わせ、説明を
    聞いて「それを早く言え!」と逆切れ?した挙句、更
    に金策に走ったのを思い出します(笑)。
    拘束から解かれた委託保証金から損失を差し引い
    てもらえばいいや!と思っていたのに、追証として
    入金したものを「差損」に充当すべく拘束してしまった
    のです。(画面上の指示のミスもあり...)


※保証金維持率を33%以上まで回復させず、その後「5営
 業日」が経過した場合、またはお客様の保証金維持率が
 20%を下回った場合には、原則として当社は、お客様へ
 通知することなくお客様の口座における全未決済建玉を
 当社の任意でお客様の計算により反対売買させていただ
 きます。 
 その結果、損金が発生した場合には、お客様に当該受渡
 日までにご入金していただくこととなる場合があります。
 当該ご入金が滞った場合、当社の任意で、お客様の計算
 によりお預かりの代用有価証券を処分し、当該決済の
 損金等に充当させていただきます。


 る=大抵の証券会社では、同様な処置を行います。
   (維持率に違いがあるだけ)
   上記ケースでは、6営業日目の寄付で決済される
   ハズです。
   処分する代用有価証券を運良く保有している投資家
   ならいいのですが、もしそれもなかった場合は...。
    こうして財産を無くしていくのが「信用取引の本当の
   怖さ」というのでしょう。


※追加保証金の差入期限までに追加保証金の差入がなか
 った場合、建玉の清算後いったん、信用取引口座を閉鎖
 させていただきますのであらかじめご了承ください。 


 る=概ねどの証券会社もこのような処置を行うと記して
   あります。
   例外もあるようです。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 マジで増やす!信用取引30万円からスタートだぁ♪
      本当に買っていい銘柄が見えてきた?

【3】 2000番台からの「315円銘柄」!     
    

   次号の発行予定日は、
    1月31日(火)とさせていただきます。
                  
   今回は、市場の緊急事態もあって、内容を変更して
   しまいました...。
   この騒動で、知名度だけで4753なんか買って投資家
   気取りをしていたトレーダーは消えていくのでしょうか?

   投資家が集まる掲示板(見たことが無いが...)には、
   「国がこの不良債権を補填しろ」とか、「金を返せ」と
   いう書き込みがあるとTVでやっていましたが、イラクへ
   行って「自己責任」と非難を浴びた人と同様です。
   いや、それ以下かな〜。
   だって、イラクに行った人たちはボランティアであって、
   「自分が利するため」ではなかったもん。

   儲かったときは「自分のお陰」
   損したときは「他人のせい」
     

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん        

     発行日 : 月3〜4回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 株式信用取引 るこちゃん『ka☆buログ』
                          http://rukochan.tea-nifty.com/

   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式売買・信用取引」をお勧めする
      ためのものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2006/01/15 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 01/14
2006/01/04 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 01/04
2005/12/26 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 12/26
2005/12/26 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 12/26
2005/12/16 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 12/16
                           バックナンバー一覧