信用取引しーれぽ > 『どっきどき信用取引』バックナンバー > 『どっきどき信用取引 1837号』

メルマガ 『るこちゃん実践 どっきどき信用取引』 バックナンバー

かんき出版「ゼロから教えて!信用取引」の著者るこちゃんが、マジで30万円の担保を増やしてみせる、超どっきどきマガジン♪
無敵の買い信号・売り信号銘柄情報もアリ、ちゃっかり儲けよう☆

2006/11/01 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 11/1




●●●●●●***************************
●◇●☆彡
●◇●☆彡    るこちゃん実践 どっきどき信用取引   1837号
●◇●☆彡                    
●●●●●●***************************


いじめで自殺か〜。

深刻だな〜。
パチ仲間の学校の先生は、

    「なんでも学校や先生の責任にするな!」

って、こういうニュースがある度に怒っているけど...。

そういえば、るこちゃんも小学6年生のとき、クラスでいじめ
あったよ。

うん、あれは間違いなく「いじめ」だった。

いじめられていたのは、るこちゃんの斜め前に座っていた
転校生の女の子。
気まずいことに、そのいじめが始まった原因は"るこちゃん"
にあった。

自分の名前が、5〜6年生の時に転任してきた男性教師の
クラスとして呼ばれたとき、初めて担任が男の先生になった
るこちゃんとしては、嬉しくて仕方なかった。

若くて皆と遊んでくれるその担任は、すぐに生徒と打ち解けて、
休み時間は狭い校庭で、軟式テニスのボールで「手打ち野球」
をするのが流行だった。

リトルリーグに所属していた男の子から、どん臭い女の子まで
分け隔てなく混じって、短い休み時間を満喫していたのだ。

るこちゃんは3年生の時から、いつも男の子に混じって軟式
野球をやっていたので、担任の先生のチーム(下手な男子と、
女の子の混ざったチーム)でセカンドを守っていた。

ファーストとサードは男子だったような気がする。
グランドが狭いので、ショートなんかはいなくても済んだ。
地面は、つぎはぎだらけのアスファルトなので、転んだら膝は
すぐに出血だ!

外野には、残りのチームメイトが適当に並んで守っていた。
野球は9人制?まったく関係ない...入りたい子は途中から
でも外野に混じる。

外野はそんな感じの子がボーっと並んでいるだけだから、
ひとたび外野に打球が飛べば、ランニングホームランなんて
こともしょっちゅうだ...狭いのに。

そんなある日、チームメイトの女の子が
「私もセカンド守りたいな...」
と言ったので、るこちゃんは別に意味も無くその座を譲った。

まさか、ずっとポジションを取られてしまうとは思っていなかった
のだが、友達はもうそれが当然のように振舞っていた。

るこちゃんはその先生と遊べればよかったので、セカンドだ
ろうが外野だろうがよかった。
でもポロッと"セカンドを取られちゃったことへの寂しさ?"
みたいなことを漏らしたらしい。

...らしいというのは、何と言ったのかよく覚えていないのだ。

それを聞いたのが、斜め前に座る転校生だった。
いや、るこちゃんが彼女にだけ話したのかもしれない。

やさしい彼女は、セカンドはあたしのものよ〜という感じになって
いる友達に、「ポジションをるこちゃんに返す」ように言った。

ところが、その話が捻じ曲がってしまい、彼女の優しい気持ちが
「るこちゃんのポジションを奪ったことに対する苦情...」と受け止
められてしまった。

その日から、彼女はセカンドを死守する友達のグループから
総スカンを食らう羽目になった。

それは確かに陰湿だった。
机を蹴るなんて、当たり前のようにやられていた。
今まで同じように先生のチームにいたのに、彼女が来ると
そのグループはわざと遊ぶのを止めて、野球から抜けた。

廊下で悪口を言うなんていうのは日常茶飯事だ。

給食の時間中に"汚い"って言われることもあった。
同じ班で机をくっつけて座っているわけでもないのに...。

ことの発端は自分にあることを、るこちゃんは当然分かってた。
だから、彼女の盾にならなければいけなかった。
いじめられて辛そうな視線を向けたとき、それを受け止めるのは
るこちゃんの役目だった。

でも時々、そのグループにもいい顔をする自分がいた。
「彼女をかばってはいるけど、あんたたちとも友達よ〜」
みたいな...。

彼女たちは、るこちゃんの事なのに、るこちゃんに矛先を変える
ということはしなかった。
「転校生」と「長い付き合い」の違いだろうか?
それともるこちゃんがズルかったのか...。

本当は彼女に感謝していた。
だって、自分の本心を代弁してくれたのだ。
そうしてくれたお陰で、るこちゃんとその友達は、上手に?守備
の権利を譲り合って、交代しあえるようになったのだ。

もしそうしたければ、自分で友達に言うべきだったのだ。
「たまにはやらせてよ!」って。
話せば、理解しあえたのだ。
「るこちゃんもやりたいんだな〜」って。

やりたくなくて譲ったのではない...ということが伝わったハズなんだ。

多分担任の男性教師は、るこちゃんたちに「何かがあった」と
分かっていただろう。
でもいじめには介入してこなかった。
これは悪い意味ではない。

「子供の世界」で何とかすることを願っていたと思う。
るこちゃん・彼女・友達...のトライアングルバランスが崩れたとき、
きっと策を講じたろう。

あの頃のいじめがまだ救われるのは、
「どこまでやっていいか、どこからやっちゃいけないか」...
まるで犬の噛み噛み(ほら、犬が嬉しくて手を噛んでくれたり、ジャレて
耳を噛んだりする仕草)みたいに、「加減」というかボーダーライン?
が分かっていたことではないだろうか?

でもこんな風に言えるのは、自分がいじめられた側じゃなかった
からなんだろうな...。
今でも彼女とは、会うことは無くてもメールで友達だ。


==============================
● カラ売り秘密結社 るぅまにあ
==============================

玉のその後...

▼ 日本ケミコン(6997)

 10月17日(火) 信用買い 千株 850円

 10月30日(月) 終値 840円 ロスカット

  やっぱり不安なエントリーはするもんじゃないよね...。
  おまけに注文ボタンを押したときから、自信なかった。
  ま、いつもいつも自信を持ってエントリーしているとは
  言えないけどさ...(;;)

  27日の高値近辺から連続陰線になったんだから、
  せめて買値より高く手仕舞いすればよかったよね!

  カラ売り秘密結社なんだから、たまに買おうなんて
  考えちゃいけないね...アハハ(乾いた笑い)


新規建玉

▼ ポケットカード(8519)

 11月1日(火) カラ売り 千株 794円


  やっぱりカラ売り秘密結社らしく...ね!

  これまた売り信号が出てかなり日数が経つんだけど、
  もう一つターゲットに考えていた銘柄が、あまりに
  商い薄で(午前中で5千株いかない...)止めたので、
  とりあえずこっちに。

  と、とりあえずなんていうエントリーでいいのか?

  1単元=100株っていうところもミソ♪

  利幅も欲張れないと思うけど、とりあえずケミコンの
  損くらいは取り戻したいよね〜!
  やられたら、ヤリ返さなくちゃ (・・)л

  もっと他に考えていたターゲットは、次のコーナーで
  紹介します。

  本当はどれが一番よかったのかな?


==============================
● 「いい銘柄を教えてください」?
==============================

しーれぽ開放デーに、覗き見してみてくれましたか?
また今月末ころに開催しますけどね。

自分でエントリー出来そうな銘柄、見つかりましたか?

あ、明日追加される銘柄は「カラ売りの宝庫」なんだよね。
もう開放デーは終わっちゃって、覗き見出来ないのは残念
なんだけど...。

見れる人だけ見てね。

さて、「カラ売りにいい銘柄を教えてくれ」って言われたん
だけど、そんな身勝手な...(笑)。
タダで美味しい事を教えてくれる人がいたら、その話には
嘘が混じっている可能性があると思うんだけど。

    株の世界じゃ〜、常識だよね。


るこちゃん的には、投資顧問会社じゃあるまいし、せいぜい

 「しーれぽで売り信号(又は無敵の売り信号)が出ている
  銘柄を売り向かってみたら!」

としか、言いようがないよね。
実際るこちゃんも、そうやって利益を取っているわけだし、これ
だけで十分利益取れるんだから、それ以上のアドバイスなんて
出来ないよ〜。

プロでも天才でも神様でもないんだし...。
あ、株価は神にもわからないんだっけ (^O^)

そんなわけで、本当は今号では「信用期日到来銘柄」を検証
してみることになっていたんだけど、サイト名を"信用取引応援
ポータルサイト"と謳っている手前?、あまり冷たいことも言え
ないから、予定を変更して「売り信号銘柄」を一部発表する
ことにしました。

それに、るこちゃんマニアの方々には、少しでも利益を出して
欲しいしね♪
るこちゃんと同じ失敗(大損)は、して欲しくないし!

さて、以下で取り上げる銘柄は、ほとんどが1,000番台。
ということは、この業種は全体的に弱含みっていうわけで、
いいターゲットがゴロゴロしていますから、これ以外に自分で
売りターゲットを探すことも容易でしょう。


■巴コーポレーション(1921)

10月10日から売り信号継続中。
無敵の売り信号になったのは27日で、最近だが、10月31日に
年初来安値更新したばかり。
利幅は欲張れないか?
200円台に突入してくれれば、恩の字かも。


■四電工(1939)

10月30日に売り信号にランクアップ。
31日に年初来安値更新。
500円までは下がると思うけど、それ以上は時間がかかる?


■大明(1943)

これまた楽しいくらい、ずーっと無敵の売り信号出っ放し銘柄。
同様に31日年初来安値更新している。
900円台突入は時間の問題?


■東京エネシス(1945)

10月31日に更新した年初来安値から、更に20円以上下落中。
信用倍率も1倍を下回り、そろそろ逆日歩発生か?
勿論無敵の売り信号発生中。

落ちればこの銘柄が一番利益が取れると踏んでいるのだが...。


■トーエネック(1946)

10月31日年初来安値更新だが、売り信号に留まっている。
とはいえ、売りのターゲットとして弱いわけではないと...?

ただ、440円台あたりで踏ん張ってしまう可能性あり。


■協和エクシオ(1951)

無敵の売り信号ロングラン銘柄。
これも31日に年初来安値更新。
千円台で踏みとどまれなかったら、その先が楽しみかも...。


■テクノ菱和(東2・1965)

無敵の売り信号は続くよ、どこまでも?
31日に年初来安値更新しているが、信用倍率が8倍以上で
苦しんでる買い方が多い?

600円台で堪えられるとは考えにくいのでは?


■御幸ホールディングス(3216)

400円前後でかなりの抵抗がありそうだけど、そこを下抜ければ?
無敵の売り信号ではないが、反発してもせいぜい25日移動平均線
くらいまでか...?


■ミツバ(7280)

無敵の売り信号銘柄。
25日移動平均線との乖離が小さい今がチャンス?
700円近くまで頑張りたいが。


■ジャパン(東2・7498)

売り残が異常に少ない銘柄で、信用倍率はざっと50倍程度。
当然無敵の売り信号継続中。
ただし、そろそろ底値に近い可能性も...




しーれぽのシグナルを見ながら、新規売り・買い戻しのタイミングを
バッチリ掴もう!

  ★しーれぽ会員募集中★
    http://www.rukochan.jp/service.html



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       次 号 予 告  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

【1】 おとぼけコラム
 
【2】 カラ売り集団   秘密結社 るぅまにあ
     
     ケミコンの損を取り戻せ?

【3】 信用期日到来銘柄を狙う

    

   次号の発行予定日は、都合により
     11月13日(月)とさせていただきます。

   11月と言えば、お酉様だ...
   一年が早いなぁ。
   今年も花園神社にくまで買いに行こ〜っと♪
   いや、実は「酒を飲みに」...だったりして。

   あるある探検隊!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   発行者 : るこちゃん      

     発行日 : 月3〜4回 (取引状況により変更あり、事前に告知)

   HP   : 信用取引応援ポータルサイト
                るこちゃん『ka☆buログ』

           http://www.rukochan.jp/

         ★しーれぽ会員募集中★
           http://www.rukochan.jp/service.html

         1ヵ月1万1,666円で、毎月●万円取れるデータが
         ここに♪


   注) 本文に出てくる専門用語等について、発行者の説明では
      不十分な点がありますので、ご了承下さい。
      また、当マガジンは「株式売買・信用取引」をお勧めする
      ためのものではありません。
     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

 

    最新号をメールでお届け!!⇒ 

 

直近の記事(5号分)

2006/10/30 るこちゃん実践 どっきどき信用取引  お知らせ
2006/10/27 るこちゃん実践 どっきどき信用取引  号外
2006/10/25 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/24
2006/10/16 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/16
2006/10/06 るこちゃん実践 どっきどき信用取引 10/06
                           バックナンバー一覧